フジテレビ系列のドラマ「リカ」は次回4話が一部の最終回ですね。
最終回では院長の死が確実視されていますが、もう1人気になるのが大矢先生の婚約者である佐藤真由美(山谷花純)です。
僕は原作を読んでいるとはいえ、原作とは違う展開になると思うので彼女の生死はわかりません・・・。

今回は原作のネタバレです。

原作の真由美は案の定、殺されてしまいます。
ただ、まったく同じ展開というわけではないでしょう。




そもそも真由美は単にリカに邪魔だからと殺されたというわけではなかったです。
リカは真由美を殺すと柏手先生(西村直人)の妻子を人質に取り、柏手先生に整形手術を要求。

その整形手術というのは真由美の顔の皮膚をはぎ取り、パックのように自分の顔に張り合わせ、真由美と同じ顔にするというものです・・・。
まあ、もちろんそんなことをして同じ顔になるわけはなく、ホラー的なバケモノみたになるだけなんですけど。

ドラマでは二部もあることだし、リカが整形手術に及ぶこともないでしょう。
柏手先生もドラマでは出番の少なかったキャラなので、最後の最後で重要なキャラとして出てくることも考えにくいし。


ただやはり、形は違っても真由美が殺される展開というのは同じになるかな?
そしてもう1つ気になるのが、大矢先生(小池徹平)の生死です。

原作のラストではリカを警察に突き出そうとした大矢先生ですが。
柏手先生はリカに警察に突き出すなら妻子の居場所はわからなくなるよと脅されていました。

パニック状態になっていた柏手先生は警察に突き出そうとした大矢先生をメスで一突き。
大矢先生は死に、大矢先生を殺したということで柏手先生もリカに殺されてしまいました。




ドラマでは二部で大谷亮平さんが新しいターゲットになることを思えば、小池徹平さんが何かしらの形でいなくなるのが自然の成り行きです。
となると小池徹平さんは死ぬ、あるいは精神的にやられてしまい人形状態になってしまうと予想されます。

ドラマは原作に比べるとリカがずいぶんと人間的なんですよね。
ドラマの主人公ですから単なる殺人鬼、あるいは人間なのかもわからない怪物のような描かれ方はされないとは思います。
(二部の原作で描かれたリカは生きた人間なのかわからなかった)




僕は小池徹平さんは死なないのではないかと思うのですが、こればかりは読めませんね。
ちなみに院長(西岡徳馬)は原作でもリカが殺したわけですが・・・。
病気の状況から心不全と判断され事件になることはありませんでした。

それどころか、「リカには院長を殺す動機がない。でもあなたにはあるでしょう?」と大矢先生を犯人扱い。
リカと話すことで、どんどん精神的に参っていく大矢先生ですが。
ドラマのリカはそこまで酷くないかな?

原作のクライマックスはホラー系だったのですが、ドラマではどうなるか・・・。
次回予告を見る感じだとホラー系にはなりそうにないですね。

それでも婚約者は死ぬだろうし、大矢先生も死んでしまうラストになるかもしれません。

スポンサードリンク