フジテレビ系列のオトナの土ドラ「犯罪症候群シーズン2」の第3話を見ました。
伊藤健太郎くんが出演していましたね。
少年犯罪者である市原役でしたが。

不意打ちとはいえ、おばちゃんが体格の良い男を突き飛ばすなんか、なかなかできることではないわけですが。
結果、弱みを握られて返り討ちですか・・・。




小島さんは死んではいないようですが、これで彼女の犯罪と「少年犯罪を考える会」がつながりそうですね。
少年犯罪を考える会の次のターゲットが市原になるのかな?

矢吹の婚約者を殺した残党が市原というパターンもあるかもしれませんが。
でも市原はクソみたいな教師を殺したとか言っていたからどうなのか・・・。
まあ、婚約者も教え子に襲撃された風ではなかったしな。

小島さんの息子はどうなってしまうのか。
小島さんの心臓が移植できるなら、移植するパターンになりそうだけど。
どういう形であれ彼の手術が成功するストーリーじゃないとね。
なにもかもが報われないストーリーになりそう・・・。

一方で、なんだか死んでしまいそうな鏑木さんです。
武藤に「少年犯罪を考える会」とのつながりがバレてしまいましたが。(会報に実行犯を載せるなよ。笑)
もっとも鏑木さんが実行犯という証拠はないわけですけど、彼の言動から武藤は実行犯の可能性高しと見ているのかな。

少年犯罪の被害者遺族である武藤にとっても鏑木さんは心の支えでもあったわけですが。
この結末に予想が付きながらも武藤に捜査を続けさせる環も酷だよな。
まあ、いまになって捜査を止める方が不自然ではあるのですが。
環が少年犯罪を考える会の不穏な動きに気が付いているのであれば、時間稼ぎぐらいはできそうだもんな。




武藤にとってはどう転んでも酷な結末になりますね。
また精神的に大きなダメージで、変な方向に行かなければいいのですが・・・。

スポンサードリンク