明智少年の華麗なる挑戦(アニメ)の感想。原作とは違うラストに

金田一少年の事件簿の「明智少年の華麗なる挑戦」のアニメ版を見ました。
これは明智警視の高校時代のエピソードで、自身が警察に疑われてしまうヤツですね。
金田一が明智の母校に模試を受けにやってきて、机の落書きが云々というやつ。

10年前のエピソードということで、明智はまだ28歳ってことですね。
30代のイメージだわ。

正野刑事が当時の明智を知っているので、年齢も近いのかな?
となると、余計に30代だわ。笑
まあ、母校の後輩であり上司でもあるわけですから、高校時代の伝説を聞いているのかもしれませんが。




今回の死体隠しのトリックはけっこう好きなんですよねー。
単純かつ、めちゃくちゃ時間がかかりそうなトリックですが・・・。
準備をしていたならまだしも、突発的な出来事なのによく実行できたな。

あと、朝に死体を見つけさせるのも、よく誰にもバレなかったものだ。
超名門校なんだから、朝の図書室とか誰か勉強してそう。

それと原作とアニメは結末が違うですよね。
原作の犯人は塾講師となり金田一とのやりとりもあったのですが。
アニメではすでに死んでいるというね。




あともう2人の友達同士が結婚、子供もいる。
女医になったとか言っていたな。
28歳女医で、あれくらいの子供がいるものなのかね。笑

まあでも、こういう改変も良いですね。
金田一の本当かどうかわからない親友の気持ち予想を聞くだけでなく、遺品を通じて彼の気持ちを知ったわけですし。
そもそもよく医者になれたな。
少年犯罪は前科にならないのかな?


>>無料お試しU-NEXT「金田一少年の事件簿」

※本ページの情報は20年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。