仮面同窓会の4話で、洋輔の同級生であるカズが殺されてしまいました!
過去のネタバレ記事でも触れたことはありますが、改めて原作からネタバレを書いてみたいと思います。

ところで、原作とドラマでは和康のキャラ設定が違うんですよね。
樫村の体罰によって足が不自由になっている設定はありませんし、たしか小太り設定だった気がします。




そんなカズを殺した犯人の正体ですが・・・。
当たり前と言えば当たり前だけど、樫村先生を殺した犯人と同一人物になります。

その正体は美郷(瀧本美織)ですね!

犯人の動機は真理を死に追いやった人間への復讐です。
4話でいじめられていた美郷を真理が助けたという友情関係が描かれていましたが。


真理が苦しんでいるときに助けてあげることができなかったことも悔やんでいたようです。
その思いが今、復讐へと突き動かしているのでしょう。




そしてカズが殺された理由というのは「鉄の結束」にあります。
過去に書いたことがあるけど、これは洋輔を除く3人で真理に暴行した事件の秘密の共有です。

美郷は彼らが鉄の結束としている暴行事件のことを真理から聞いており、希一とカズへの復讐の機会をうかがっているわけですねー。

ただその暴行事件に洋輔と八真人が関与しているかがわからないので、スパイのために洋輔に近づいています。
気が小さく警察の捜査に動揺していたカズですが、そういうところも邪魔になったんでしょうね。
カズと希一のことは真理から聞いているので、先に殺してしまったという恐ろしい事件です。




だから洋輔の家に血が付いていたというのも、美郷がつけていた血というわけですね・・・。
ドラマのヒロインかと思いきや、恐ろしい女の子です。

また、カズの件にしても樫村の件にしても、美郷1人で出来ることではありません。
カズ殺しだって洋輔の気を失わせて(?)家まで運ぶ必要があるわけですからねー。


その共犯者というのが、永井大さん演じるストーカー男です。
彼の正体は真理の兄で、洋輔以外の3人とは面識もあるようです。




ちなみに原作でも描かれ方は違うけど、多重人格の洋輔がカズを殺したかのように思わされるシーンになっています。
原作で洋輔の別人格みたいに描かれている視点は、洋輔ではなくストーカー男の視点でした。

まあ、何にしても美郷が黒幕というのは衝撃的ですねー。
その気で見れば怪しいとはいえ、ヒロイン格だからなー。

原作のラストではサイコパスっぷりを見せつけた美郷ですが、ドラマではどんな最終回になるのか楽しみです!

スポンサードリンク