ドラマ「刑務所のルールブック」で木工班の班長として登場したヨム班長。
最初はまっとうな人物っぽいし、刑務官とも親しいから受刑者っぽくもなかったですけど。

実際には裏表がある悪役でしたね。
そもそも刑務官と仲が良かったのも、汚職刑務官だったし・・・。
※ネタバレ表現あり

ヨム班長のキーワードといえば、やはりゲイでしょう。
頼りになる人だと思って慕っていたら、実はゲイで自分の体目当てだった・・・となると恐ろしいな。

他の受刑者から襲撃されたところを助けてくれたヨム班長でしたが。
その後のヨム班長を見ても、あれはジェヒョクを狙ったパフォーマンスだったんでしょうね。




あの場面、ヨム班長を含む複数人相手に暴行されそうになったジェヒョクですが。
いくらトップアスリートとはいえ、体調も万全じゃないし、けっこう危なかったでしょうね。(ある意味、作中1番のピンチ)
ジュノが来てくれて助かった。

この投稿をInstagramで見る

#양자물리학

주석태(@juseoktae)がシェアした投稿 –

刑務官に裏切られて移送したあと、終盤に再登場してジェヒョクを苦しめるわけですが。
ここでも返り討ちに合って(?)死にかけたヨム班長です。

しかも今度は暴力団を裏切ったので、その報復もありますからねー。
報復の様子は描かれていませんが、おそらくペン部長が暴力団に裏切りを報告しちゃったでしょうからね。
おそらく報復されるだろうし、もうヨム班長は終わってしまいましたね・・・。




それにしても、裏切りの言葉をジェヒョクがスマホで録音していたわけですが。
あの音声を暴力団にチクったらそれはそれでジェヒョクの立場も悪くなりそうだけどな。
なんでジェヒョクがスマホを持っているんだ、やっぱり特別扱いじゃないかとなりそう。

まあでも、ヨム班長の件でジェヒョクには無期のおじいさんが味方についていることがわかりましたからね。
無期囚は失うもののない人ということで、なにをされるかわからないですからねー。

あのおじいさんの犯行は同情すべき理由があるとはいえ、表向きには超凶悪犯なので暴力団員でも近づきたくない存在かもしれません。
おじいさんのお陰でジェヒョクが標的にされることもないかもしれませんね。

ちなみにヨム班長を好演して名をあげたチュ・ソクテは、その後OCNの「パンドラ」に出演していますね。
現在はポプチャ役のキム・ソンチョルも主演格の「ブラームスが好きですか」にも出演。
出演作にも恵まれていますね。

スポンサードリンク