フジテレビの木曜ドラマ「ルパンの娘」シーズン2ですが、もう見ないかな。
まだ原作の小説を読んでいる途中で、原作を読んでいる間はドラマも見ようと思ったけど。
3話を見ていたらやっぱり、もういいかなという気になってきた。

・ルパンの娘は良いドラマだと思う

シーズン1は全話見たし、僕はルパンの娘は良いドラマだと思うんですよ。
視聴率的に決して高いわけではないし、それこそ前作「アンサング・シンデレラ」の方が高いです。
でもマニア層を生むドラマになっていますからね。

多くのドラマって役者ファンに支えられているぐらいのイメージだと思うんですよ。
でもルパンの娘はマニア層に支持をされてマニア層からの評判が良いわけですから、それは良い傾向です。




置きに行ったようなドラマよりはルパンの娘ぐらい攻めた方が面白いですよね。
原作とはまったくの別物だし、作品の雰囲気も好き嫌いはわかれるでしょうけど。
単に面白くないと不評なドラマよりは、好き嫌いがはっきり分かれるドラマの方がいいですよ。

・ルパンの娘の原作を読みながら思ったこと

ルパンの娘2の原作は「ルパンの帰還」と「ホームズの娘」という小説ですね。
けっこう読みやすいし面白いし、原作は満足です。
一方で原作を読みながら思ったこととして「これが映像化されたときに僕は興味をそそられないかな」ということです。




「ホームズの娘」はタイトルからわかるようにハシカン(三雲)の比重が多くなります。
ドラマではどうなるかわからないけど、ラスト2話ぐらいは原作のエピソードをやるんじゃないかな?

で、そうなったときにハシカンと栗原類くんのロマンスがあると思うんですよ。
この2人のロマンスというのは個人的に惹かれるものがないかな・・・。

前作はまだ瀬戸康史さんがかっこいいから良かったところがある。
(その前の出演作のパーフェクトワールドも好きだったし)
ハシカン&栗原類がドラマでどういう雰囲気になるかはわからないけど、特に惹かれるものは感じないんですよね。




原作を読むとお父さんお母さんはドラマの雰囲気が出ているんですよね。
原作の渉も栗原類くんでイメージはできるキャラなんですけど、いざドラマを見るとあのキャラでしょう?
ハシカンの幼い雰囲気と渉のあのキャラのロマンスは、そそられないかな。
深キョン&瀬戸康史に比べると見た目もキャラも幼いから。

・原作に忠実なドラマも見てみたい

それと僕が思うのは、原作に忠実なドラマも見てみたいということですね。
ルパンの娘はこれはこれで良いドラマなんですけど、原作とは別物ですからね。
もっと万人受けするポテンシャルはあるわけですし、違う雰囲気のルパンの娘も見てみたいかな。

なんにしても、今回はもう見ないかな。
他に見たいドラマはたくさんあるので、無理して見続けることもないと思うし。

こういうマニア層を生むドラマは本当に良いと思うけど、僕には合わなかったな。

スポンサードリンク