19年夏ドラマは韓国ドラマが原作の作品が3つありますね。
テレ朝の「サイン」、日テレの「ボイス」、フジテレビの「TWO WEEKS」。


僕は原作ドラマを全部見ました。(まだTWO WEEKSは最後まで見ていないけど)
今回はリメイクが期待できそうな作品をテーマに書いてみたいと思います。

リメイク作品について思うことを一言で表すと。

サイン・・・原作を見ていなければ普通に楽しめそう。
ボイス・・・キャスティングの意図が不明。
TWO WEEKS・・・1番リメイクを期待したい作品。



あくまでも原作ファンの視点ということで書いていきます。

サインは普通に面白いドラマになると期待です。
だけど原作に比べボリュームが半分以下になるわけですから、どうしても物足りないと思うところは出てくると思うんですよね。




サインはとにかくラストが衝撃的で面白い作品でした。
そのラストにしても、キャラの関係性が重厚に描かれてこそだと思いますからね。
リメイクだとそこが弱くなるので・・・。


そもそも日本でも原作通りのラストになるかわかりませんが。
いずれにしても、原作を見ていなければ普通に面白い作品になると思います。

そして最も期待できないと思うのがボイスです。
原作はすげー面白かったし、大好きな作品です。
しかし、リメイクもすでに初回放送はスタートしましたが嫌な予感的中です。

これが原作の雰囲気ですが、日本の地上波で原作ほどのリアリティや、ハラハラするような雰囲気にできないのはわかります。
だからそこは別にいいのですが。

ただこの作品は「決死のタイムリミットサスペンス」とのキャッチフレーズがあったように、躍動感が重要だと思うんですよね。
しかしなぜかキャスティングが高齢化していて、動きにキレがないというのは致命的だと思います。




まあ、原作も「急ぐんなら走ってないで捜査車両で移動しろ」と突っ込みたくなる部分はありましたが。笑
あるんだけど、それでもバリバリ走っていましたからねー。


それが唐沢さんの走りを見ていると、やっぱり物足りなさは感じますよね。
年齢的にも原作の主人公のような力強さ、頼もしさがないですし。
(あと真木よう子さんも声質の問題なのか、聞き取りにくくドラマに入りにくい感じがした)

役者さんに問題があるわけじゃなくてキャスティングの問題ですよね・・・。





そもそもボイスは日本でのリメイクは向かない作品だと思う。
原作は面白かったけど、その良さが日本では出しにくいかなと。
原作ファンが満足できる作品になるのは難しそう。

そしてTWO WEEKSは僕が1番期待したいリメイク作品です。
理由としてまず三浦春馬さんの雰囲気が良い。
原作のイ・ジュンギも悪いわけじゃないけど、ノンスタ石田に見えちゃう。笑

(↑この動画リメイクのネタバレがあった)
このドラマは子役の存在も大きいですよね。
子役がかわいかったら、それだけでドラマの満足度があがると思うし。
それが1番の理由。笑




そして相関図を見ると原作とは明らかに設定が違う部分があるんですよね。
その関係から、原作では最初から黒幕が明らかになっているけど、リメイクは明らかにしていない。
そこがリメイク版の面白さにつながるかもしれないので期待したいです。



気になるのは悪役の怖く嫌な雰囲気が原作ほどなさそうなところ。
あとボイスと同じで躍動感がどこまで出るか、そして逃亡の舞台設定というのも気になるところです。

どの作品にも言えることですが、先に原作を見れば原作の方が良いと感じると思いますよ。
僕は今回初めて韓国ドラマを見たけど本当に面白かった。
まあ、リメイクされるぐらいのドラマなんだから面白いのは当たり前ですけど。





僕はドラマ視聴歴が短いけど、そのまま好きなドラマトップ3に入るぐらいどれもお気に入りの作品です。
世界では韓流コンテンツの方が受けているというのはK-POPブームの頃から言われていたけど、あれは本当だと感じました。

韓国ドラマの話になると毎回言うけど、男性キャラの力強さが良い。(見た目も役柄も)
日本のヘナヘナした男性キャラが世界で受けるわけがない。




何にしても原作はどれも最高だったので、リメイクを見た人が満足できるコンテンツになってもらいたいですね!
僕の期待度はTWO WEEKS、サイン、ボイスの順です。

スポンサードリンク