18年にOCNで放送された「ミストレス」を見ています。

原作はイギリスのドラマですが、19年にNHKでもリメイクされていますね。
日本のリメイクが好きだったので、いつか韓国版も見たいと思っていました。

主演はハン・ガインら4人の女優ですが。
僕もミニシリーズの主演クラスの役者さんはほぼほぼ知っているようにはなりましたが、今回の4人は1人も知らない・・・。


ミストレスは不倫が題材にもなっているので、僕の見る韓国ドラマにしては珍しくベッドシーンなど刺激的なシーンが多いです。
それだけにキャストの雰囲気も違うのかな?

ただハン・ガインは4人の中でも格が上の雰囲気はありますね。
キム・テヒに似た雰囲気のある女優ですが、若い頃はキム・テヒやソン・イェジンらと並ぶ韓国を代表する美人女優だったようですね。
ただ結婚が20代前半と早かったので同世代の女優とは違うキャリアを歩んでいたようです。

そのハン・ガインは水野美紀さんがやっていた役。
長谷川京子さんの役をシン・ヒョンビン。
玄理さんの役をチェ・ヒソ。
大政絢さんの役をク・ジェイ(キム・アジュンにそっくり)がやっております。




日本版は40代から20代まで年の差があるキャラ設定でしたが、韓国版は同世代キャラですね。
日本版みたいに女子会ワイワイって感じではないけど仲は良いみたい。

日本版は長谷川京子さんが1番のメインって感じだったけど、逆に韓国版では1番地味な印象。(見た目はきれいだけどキャラ的に)

この投稿をInstagramで見る

💗 #미스트리스 #안녕

신현빈 Hyunbeen Shin(@hyunbeenshin)がシェアした投稿 –

ドラマの方ですが、これは面白い!
OCNらしくサスペンス色が強くなっていますね。
日本版とはストーリーもまったく違う感じがするので、日本版を見た人でも新鮮な気持ちで楽しめそうです。




韓国では視聴率的にもサッパリだったようですが、なんでなんだろう?
不倫というのが拒否反応あったのかもしれませんが、韓国でも受けそうな雰囲気なのにな。

日本ではセックス依存症を演じた(?)大政絢さんが篠田麻里子さまと真実の愛に目覚めるくだりがありましたが・・・。
韓国版では同性愛はない。
4人のエピソードとも日本版とは違うし、なによりサスペンス色が強いのが良いですね!




日本版が好きなのでいくらかひいき目に見ているところはありますが、それを抜きにしても面白いと思うわ。
これは没入度も高いドラマです。

ただこの手のドラマはラストがね・・・。
そこが不安ではあるのですが、前半の印象は続きが気になる謎な展開です。
主人公の周りの人物全員が怪しい雰囲気だし「日本版では悪い人じゃなかったから韓国版でも悪くないんだろう」という感じでもない。




韓国版のミストレスは予想以上に良さそうなドラマですね。
キャスティングといいこれはストライクだ。
日本版に比べるとロマンス色は薄いのですが、個人的にはそこも良いですね。
それよりもミステリー要素をメインに楽しめるドラマです。

スポンサードリンク