先日までBS日テレで放送されていた韓国ドラマの「マザー〜無償の愛〜(Mother)」を見ました。
原作は松雪泰子さん、芦田愛菜ちゃんの日本のドラマです。
韓国版は原作よりも良いという評判のドラマですが、これは名作でした。(僕は原作を見ていません)

序盤の印象としては、とにかく子供がかわいそうで見るのがつらかった。
虐待シーンとか原作もこんな感じだったのかな?と思ったけど、原作はあそこまで酷くないっぽい。

見るのを辞めようか迷ったけど、主人公が子供を誘拐するという展開が気になったので見続けることに。
誘拐後も逃亡劇に振り回される子供がかわいそうで見るのがつらいし・・・。




主人公が親元に戻り、逃亡劇が少し落ち着いてから楽しめるようになったかな?
その後、虐待問題が片付いてからはより安心して見ることができるようになり。
終盤の展開はめちゃくちゃ良かったです。

主人公のイ・ボヨンは石田ゆり子系の美人さん。
子役のホ・ユルにいたってはこれがデビュー作ということで!
400倍率のオーディションで選ばれたようですが、演技力がさすがでしたね。




愛らしさでいえば芦田愛菜ちゃんかもしれないし、芦田愛菜ちゃんの演技も凄かったんだろうけど。
このホ・ユルの演技も凄く良かった。

演技があんまり子役子役していないし、本当にイ・ボヨンとの絆を感じられるような素晴らしい演技だった。
彼女の演技には泣かされましたね。

マザーというのは主人公を中心とした4人の母のエピソードです。
主人公、主人公の育ての親と、生みの親、そしてヘナ(ホ・ユル)育児放棄した母。




主人公の実母も良かったですね。
最後は幸せそうで良かった。

育てのお母さんの若い頃役が、品位のある彼女で好きだったジニおねえちゃん(チェ・ユンソ)だったのもよかったな。

この投稿をInstagramで見る

마더

최윤소 Choi Youn So 崔允素🐭🎗(@cys9909)がシェアした投稿 –

育児放棄したお母さんも気になる存在でしたね。
根っからの悪人というわけではないみたいだし、本当にヘナを愛しているようにも見えたし。
演技がうまいから引き込まれますね。

まあ、韓国語なので彼女に限らず本当の意味での演技のうまさはわかんないですけどね。
でも韓国ドラマを見ていると、演技が気になることはまったくないです。




みんな表情もしっかりしているし、あと衣装も良い。
日本だとパッと見は良さそうなんだけど「職場でそれはないわ」って衣装ばっかりだったりするし。
韓国ドラマはスーツ1つにしてもきちんとしている印象ですね。(まあ、韓国ドラマもいろいろですが)

何にしても、マザーは凄く良かったですね。
ただ、終盤は素晴らしかったのですが、それまでけっこう見るのがしんどい面もあったからな。
おすすめするかと言えば、微妙なところですな。




ただ僕は子供視点で見ていたと思うから、どうしても子供がかわいそうって印象が強かったけど。
母親視点で見ればまた違った印象なんだと思います。

本当に良い作品でしたね。


サスペンス・ミステリー系ドラマは圧倒的に韓国ドラマの方が面白いけど、ヒューマンドラマも韓国なんでしょうね。
僕が面白いと言われているものしか見てないというのもあると思うけど、ドラマは日本よりも圧倒的に韓国作品が面白いです。

おばちゃんが見るものという偏見から見ていない人も多いと思うけど、もったいないですね。

スポンサードリンク