次回「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」の7話はついに、メインエピソードの歌手殺害事件をやるようですね。
そして、その前にピエロのゲーム殺人事件ですが。

原作から7話の展開を予想してネタバレしたいと思います。

この投稿をInstagramで見る

「俺たちのニューゴッホ」 #大森南朋#渋谷謙人#サイン#ドラマ

大森南朋 月に吠える。さん(@tsukinihoeru.6960.naoomori)がシェアした投稿 –

カップル襲撃のミッションに関しては間一髪で止めることができました。
そして原作ではもう1つ、最初の犯人が両親を殺すというミッションを遂行しようとするんですよね。

原作では景ちゃんに心を開いた犯人です。
取調室で景ちゃんとやりあった犯人ですが、あのコミュニケーションに思うことがあったようですね。




で、釈放後に景ちゃんにあいさつを済ませた犯人が両親を殺すミッションに挑むわけですが。
殺そうとする犯人に対して景ちゃんが身を挺してお母さんを守り・・・。

そうこうしているうちに警察が突入。
なんと犯人が射殺されてしまいました。

撃ったのは高橋。
原作では和泉と恋仲になっていたので、和泉が襲撃されたこの事件ではかなり熱くなっていました。
カップル襲撃犯にも銃を撃とうかという勢いでしたからね。

リメイクでも家族の襲撃をやるのかな?
犯人が死の間際、景ちゃんに妹を襲ったことを告白するシーンがあったので、やるかもしれませんね。






そしてメインとなる歌手殺害事件がついに動きます!
原作ではちょくちょくこの事件が挟まれていたのですが、リメイクでは放置状態だったので待ちくたびれました。
もう視聴者はこの事件を忘れているでしょう。笑

犯人のネタバレもありです。

歌手殺害容疑で逮捕されていた柳美稀さん演じるスタイリストの女。
真実を話すと言っていたのに、いざ面会に行くとなにもしゃべらない・・・。
で、しかもシャワー室で殺されてしまいました。

当然これは事故を装った他殺なのですが。
死因は感電死。
次期総裁の娘、島崎楓が細工をさせて殺してしまいました。

真実を知る女の口封じをしたわけですが。

スタイリストの女は飲み物に青酸カリを入れた罪で捕まったのですが・・・。
実際には直前になってビビってしまい入れていなかったんですよね。




最初は致死量まで入れていなかったのに、検視結果の捏造と自白で逮捕という流れだったのですが。
実際にはまったく入れてないことも判明しました。
全部、楓様が1人でやっていたことだったわけですね。

楓がどうやって青酸カリを飲ませたのか、確実なことは明かされませんでしたが。
柚木の予想ではキスをしたあと、口紅をぬぐうふりをして青酸カリを塗ったというものがありました。

この原作の楓様はなかなかいいキャラだったんですよねー。
彼女の登場は誰かの死を意味するみたいな感じで。
あの余裕の笑みもいい感じでした。




あとは森川葵さんが原作通りのキャラだったら文句なしなんですけどねー。
キャスティングは凄くいいなと思ったのですが、1話を見るとキャラが原作とは違う風だったんですよね・・・。

あれから原作通りにキャラ変更してくれていればいいのですが。笑

サインのメインテーマである巨大権力との戦いというのも、楓様が暴走するから、それを権力で揉み消すというものです。
本当にいよいよメインエピソードに入るので期待したいですね!

スポンサードリンク