サイレントヴォイス2の1話感想。筧利夫との駆け引きが面白かった

BSテレ東の土曜ドラマ「サイレント・ヴォイス2」の第1話を見ました。
シーズン1が面白かったので楽しみにしていたけど、2も期待できそうですね。

僕が1番気になっていたのは新キャラの東野がどんなキャラなのかということだったのですが・・・。
違うキャラなのかと思ったら、まんま西野だったな。笑
まあでも、原作の西野のイメージで言えば馬場徹さんの方が近い印象かな。

1話の取り調べメインゲストは筧利夫さんですか。
宮出は強敵感があって良かったですね。

このドラマは事件の真相というよりは取り調べの駆け引きがポイントだと思うんですよね。
そういう意味では宮出の「嘘をつかない(都合の悪い話はしない)」というのは面白かったです。

あれは実際に使えるテクニックなんですよね。
やっぱり嘘はバレるので、都合の悪いところは話さずに相手が怒るけどギリギリ許せるポイントだけ話していく。笑




今回の宮出は誰が江口を殺したのかというところを徹底的に避けていたわけですが。
でも、その動機の部分がね。
そこはちょっと感情移入はできないところではあるわな。

正当防衛に見せかけるというのはドラマのネタ的にわかるんですけど。
自分が2人の殺人犯になろうかというところで安堵するってのがねー。
人生に絶望している系の人とか、家族をかばっているというのならまだわかるんですけど。

警視庁捜査一課のエースで順風満帆だろうし、かばっているのも片思いの(?)奥さんだもんなー。
不倫関係にあったわけでもないみたいだし。
さすがに2人殺害の罪をかぶってまで、かばいたい相手じゃないよなー。




まあでも、そういう動機の部分はメインではないですからね。(たぶん)
取り調べの駆け引きが面白かったので、それで良かったです。

江口妻役の佐藤乃莉さんって、ウィキペディアを見ると「秘密諜報員 エリカ」がドラマデビュー作だったのかな。
これは栗山千明さんのドラマ初主演作で僕はHuluで過去に見たことがあります。

ポールダンサーの役だったようで、いま見直してみたけどその気で見たらわかるな。
まあでも、謎の女キャラで外国人っぽい雰囲気なので、はっきりとはわかんないや。

なんにしてもサイレントヴォイスはシーズン2も期待できそうなので良かった!
東野が嫌なキャラだったらどうしようとか思っていたけど、西野と同じキャラだから大丈夫そうですね。
個人的にコメディっぽい心の声はいらないんですけど、原作もコメディっぽい雰囲気があったから、コメディ演出があるのも仕方がなしか。




あと、栗山千明ファンの方は「秘密諜報員エリカ」を見てみるのもいいかもしれません。
エリカはスーパー超人キャラなのでハラハラ感はないけど、30分ドラマだし、栗山千明さんが好きなら見てみるのも良いかと思います。

僕は同枠のドラマなら「殺しが見える女」とか「毒ポイズン」が好きだったかな。
30分ドラマは時間的に気軽に見やすいので、その点はおすすめですね。


>>Hulu公式サイト「秘密諜報員エリカ」

※紹介している作品は、2020年4月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。