韓国ドラマ「まぶしくて」で広報館にいた謎のおじいさんですが。
ドラマのキーでもある腕時計をしており、その腕時計を触られるとパニック。
ジュナの顔を見てもパニック。

あの謎のおじいさんの正体も驚きでしたね。
※ネタバレ表現あり

・謎の老人が腕時計とジュナに過剰反応した理由が

老人がしていた腕時計というのはヘジャがジュナと結婚するときにプレゼントしたもの。
認知症のヘジャは25歳時の精神状態で生きていたので、あの腕時計が時間を巻き戻せるアイテムだと勘違いしていたわけですが・・・。

謎のおじさんは元警察官で、拷問の末にジュナを殺してしまった張本人という衝撃的な展開でしたね。(記者として民主化運動関連で逮捕された)
で、老人はジュナの遺品である腕時計を自分のものにしていたという・・・。




だからジュナ(にそっくりの医師)を見て恐怖を感じていたし、ヘジャに腕時計を触られてもパニックになった。
というか、あのおじいさんはヘジャの正体にも気がついていたということですからね。
自分が殺した相手の奥さんが、遺品の腕時計を奪おうとしてきたらパニックになるわな。

後悔しているなら腕時計を外せよと思うけど、外していたらストーリーが進まないからな。
しかし最後、ヘジャはおじいさんのことを許したんだからな。
それも凄いことだよな。

ちなみにおじいさん役はチョン・ムソンという俳優さん。
そして若い頃を演じている俳優さんはチョン・ムソンの息子のようですね。
息子さんは主にミュージカルで活動している人のようです。

うまい具合に悪役顔だったな・・・。(だからこそのキャスティングでしょうが)
息子が自分の若い頃を演じるとは、お父さんも嬉しかっただろうな。

それにしてもヘジャが謝罪を受け入れて許したってのが本当に凄い。
そういう悔しくつらい出来事があったからこそ、いままで頑張ってこれたって話していましたが。
ヘジャ自身、死期が近づいていて悟りの境地なのかもしれませんが、それにしてもね。

良いことも悪いことも含めてジュナのことを忘れてしまうのが悲しいと。
認知症をテーマにした見事なヒューマンドラマでした。




最終回の一連のメッセージは本当に感動的でした。
キム・ヘジャも頭の中25歳の元気なおばあちゃんから、弱りきったようなおばあちゃんまで完璧に演じていたし。
本当に良いドラマだったな。
最終回までのネタフリが長いですけど、見事な回収だったな。

スポンサードリンク