BSテレ東の土曜ドラマ「W県警の悲劇」の初回放送が面白かったです。
気になったので、さっそく原作の小説を読んでみました!


2話の回を読んでみたので、今回はそのネタバレです。
これもどんでん返しでしたねー。

2話は佐津川愛美さん演じる「したたかな女」葛城千紗の話。
主な登場人物は痴漢で捕まったユーチューバー、その被害者、葛城の上司の刑事ですね。
原作では痴漢容疑者とユーチューバーで2人だったけど、ドラマは痴漢で捕まったユーチューバーになっていますね。




葛城は自身も過去に何度も痴漢被害にあったことから、痴漢に復讐を企てるわけですね・・・。
このユーチューバーというのは炎上系のヤツで、なかなかのクソ野郎みたいですね。


過去に警察をおちょくる動画を作り、逮捕されたこともあるようで。
(現実にもあった薬物っぽいブツを警察の前で落として逃げるやつ)
今回の痴漢の取り調べでも不敵な様子で、葛城の上司もブチギレしているようですが。

で、今回のオチですが、なんと痴漢は被害者とも組んだ、でっち上げということで!
痴漢ユーチューバーの目的は、過去に不当な取り調べを受けた葛城の上司への報復。
被害者の女の子はユーチューバーのファンで、協力した可能性が高いと。





葛城は取り調べを受けるユーチューバーの眼鏡に違和感を覚え・・・。。
どうやらカメラ付きの眼鏡で取り調べを録画していたようですね。


後に、グルの目撃者が表れて痴漢の冤罪が証明。
ユーチューバーは保釈後に上司の不当な取り調べの様子をネットにアップ。
この動画が問題になって上司が処分されてしまうという・・・。

葛城はカメラ内臓眼鏡に気が付き、途中からユーチューバーが痴漢をでっちあげているとわかったようですね。
それでも黙っていたのは、上司に日頃から痴漢まがいのことをされていたから。
上司を処分させるために、ユーチューバーの行動を黙認していたようです。




痴漢への報復っていうから、てっきり過去の痴漢被害とユーチューバーが関係しているのかと思ったら。
報復相手が上司の方だったというね。
これがドラマで映像化されると、よりゾッとする展開になってくれると期待したいですね!



2話もなかなか面白い展開になりそうです。
どんでん返しは被害者役の女の子にもゾッとするようなことになりそうですね。
W県警の悲劇は1話が面白かったので、今後も楽しみにしたいドラマですね!

スポンサードリンク