BS11で放送されている「マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜」を見ています。
私のおじさんはtvNドラマでマザーの後続作なんですよね。

マザー→私のおじさんのリレーって凄いな・・・。
マザーは18年の、私のおじさんは19年の百想芸術大賞作品賞を受賞しています。

マザーほどではないけど、序盤は暗い雰囲気で。
というか、登場人物がみんな落ちていく人たちなので、ずっと暗いんですよね。
それでも徐々に良い雰囲気になってきた印象。




僕はIUの出演作を初めて見たのですが良い演技をしていますね。
まあ、彼女は女優としてもヒット作を連発して視聴率保証女優と言って良い活躍なんですけど。

でも演技の評価は決して高くなかったようです。
それが私のおじさんではIUが主演を張ることに懐疑的な人たちも称賛する演技を見せてくれたということで。

この投稿をInstagramで見る

토,일요일엔 tvn #라이브 김💜규💜태💜감💜독💜님

이지금(@dlwlrma)がシェアした投稿 –

感情を表に出さないキャラが良かったのかな?
IU自身はいままでとは違う暗いキャラを演じることに不安もあったようですけど。
ドラマを見ていてもキャラに魅力があるし、彼女のスター性を感じるわ。




途中まで見ていて好きなのはIUが初めて笑顔を見せたシーンです。

このドラマはIUが走るシーンも良いですね。
韓国ドラマは基本的にサスペンス系を見るのですが、演技指導なのかカメラワークなのか、俳優の走る姿がきれいなんですよね。(刑事とかアクション系のキャラ)
でもIUの走る姿は子供っぽくて不格好ではあるのですが、そこがまた良い。

そしてなんといってもこのシーンですよ。
たぶん作中で初めて見せた笑顔。
こんな笑顔を見せられたら惚れてしまいますね。




でもおじさんは異性として見ている様子はない・・・。
おじさんは声もかっこいいし、素敵すぎるわ。
やっぱドラマは同性キャラが魅力的なのが1番だ。

そしてこの「ファイティン」ですよ。
この一連の流れは素敵だなー。
まあ、流れといっても実際には7話と8話で、ファイティンのシーンは回をまたいでいるようですが。




第一印象はよくないドラマだったけど、さすが名作評価だけあって良い作品です。
いつも言うけど現地で評価が高ければ間違いがないですね。
引き続き楽しみに見ていこうと思います。

スポンサードリンク