日テレの水曜深夜ドラマ「DASADA」の第5話の先行配信を見ました。
4話のラストでは停学処分となったゆりあと沙織ですが。

ここは先生が気を利かせてくれたおかげで処分を逃れ。
一方で先生にチクったと思われた犯人はせれなーでではなかったですね。

嫌がらせの方法が先生にチクるとは、かわいらしいなと思ったんですけど。笑
一方でせれなーでは真琴が弱みを握っており、弱みを共有したことでDASADA側のメンバーとなりました。

その弱みというのは、せれなーでは高校デビューだったこと。
2人は小学生の頃に同じバレーボールクラブに所属。
途中で転校したせれなーでと高校で再開すると別人になっていたという。
まあ、それくらいなら、そんなに珍しいことじゃないと思うけど。




せれなーでには彼氏もいたことがない。
白鳥学園のネクタイもフリマアプリで購入したものだったという。笑
さらにモテモテ伝説も自分で作って拡散していた・・・。
まあ、それでも読モにはなったんだからたしたものですが。

秘密をバラされ落ち込むせれなーでですが、ゆりあたちも受け入れてくれたことで改心。
DASADAの商品をSNSで宣伝してくれました。




これでDASADAの服が校内で話題になり、飛ぶように売れ・・・。
停学くらいそうになったのに、校内で売りまくるなよと。笑
なんにしても、せれなーでのお陰でDASADAの未来が開けたわけですね。

と思ったらSNSでDASADAの悪口が拡散され、商品は次々キャンセルに。
犯人も5話の中で明かされましたが、ネタバレは別の機会に。


ラストは犯人の態度にブチギレた沙織ちゃんが、蹴り飛ばしていました。笑
どんどん面白くなっていく感じなので、ぜひHuluの先行配信をチェックしてみてください。
↓犯人はこの5人の中に

今回のHuluオリジナル動画のゲストはFACTORYの3人。
決めポーズとセリフがダサかったわ。
最後の方でFACTORYのお陰でDASADAがヒットするんだろうな。
あと、ゆりあちゃんが推しているトラ柄もキーになりそう。




松田好花ちゃんの考えた商品、DASADAと関係ないじゃんと思ったら。
あれはキャラ名にかかっていたんだな。
ぐいのみ、おちょこ、トックリンと芸名もダサい。

あとは井口さんと佐々木美玲さんがDASADAのメンバーになるのかな?

DASADAってサークルっぽいのを想像していたんですけど、なかなか本格的にブランドがスタートしませんね。
まあでも、キャンセルばかりなったとはいえ、せれなーで効果で100枚も服が売れたらしいからなー。
順調にいけばどんどん売れちゃうんだろうな。




Huluの先行配信もぜひ見てみてください。
ストーリーも動き出して面白くなってきましたね。


-無料期間中でもアカウントページからクリックだけで簡単に解約ができます-
>>Hulu公式サイト「DASADA」

※紹介している作品は、2020年2月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。