TBSの金曜ドラマ「4分間のマリーゴールド」が苦戦しているようですね。
批判も多いようですが、特に気持ち悪いという評価も多い作品です。

身もふたもないことを言えば「姉弟の恋愛」という時点で抵抗感がある人は多いはずです。
僕もそこに抵抗を感じてしまっている1人ですが。

別に脚本が悪いわけでも、福士蒼汰くんや菜々緒さんが悪いわけでもないんですよね。
姉弟の恋愛という設定で、もう拒否反応が出てしまうのです。
これはもうどうしようもありません。
そう感じてしまう人には、程度の差こそあれ無理なものは無理なわけですから。




家族愛という意味での姉弟愛ならともかく、近〇相〇的な側面があるわけですからねー。
まあ、抵抗はありますよね・・・。
漫画やアニメなら印象も違うと思うけど、実写化されると姉弟愛の抵抗は強くなっちゃいますね。

そして4マリに不満を持つ人の意見として「菜々緒さんが役に合っていない」というものがあります。
これは僕もその通りだと思いつつも、菜々緒さんが適役だとも思います。
これについては、過去に書いたことがありますが・・・。




相手役のみこと(福士蒼汰)は、おっとりした雰囲気で、決して男らしいキャラではありません。
もし沙羅が役の雰囲気にあった優しく、か弱い雰囲気の女優さんだったら・・・。

おっとりしたみことが沙羅を覗いたり、いちゃいちゃしたり、モノローグで愛を語ったりするのを想像したら気持ち悪いと思うんですよね。
僕は菜々緒さんの気の強い雰囲気が、そのような気持ち悪さを緩和してくれていると思います。

やはり気持ち悪さを感じてしまう原因としては、みことのキャラも大きいと思います。
これも福士蒼汰くんが悪いわけではなく、彼は役の雰囲気にあっているし適役だと思います。

演技が下手とか暗いとか言われるし、僕もそう思っていましたが。
でも原作の漫画を見たらそういうキャラだし、別に福士蒼汰くんがおかしいわけではないのです。




じゃあ、原作が気持ち悪いのかといえば、そうでもありません。
僕は原作を読んだけど気持ち悪いとは思いませんでした。

ですが、いざ実写で見ると抵抗も強くなっちゃいますね・・・。
姉弟の恋愛を実写で描くとハードルが高くなる印象ですな。

そもそも姉弟の禁断の恋愛以前に、4マリ独特の世界観が苦手な人も多いようです。
例えば「みこと」や「あい」と言ったかわいらしい男性キャラの名前。

そして「みこ兄」「みーくん」「ひろちゃん」と言った呼び方。
まあ、呼び名が子供の頃から同じというのはおかしいことではないのですが、このドラマだと違和感が出ちゃうんですよね。




佐藤隆太さんを含め家族のシーンに登場するのは主演格の人気俳優。
この画の力強さも家族っぽさがなくて、どこか違和感があり・・・。
ドラマ全体の「いかにも感」がまた、浮いた感じになっちゃうんですよね。

僕は3話まで見てきたけど、4話の途中でリタイアです。
原作を読んだし、ストーリー的にはドラマも期待していたんですけどねー。
やっぱり見るのがしんどくなっちゃいましたね。




もう、こればかりはどうしようもありません。
仲良し姉弟、シスコン、ブラコンぐらいならいいけど、〇親〇姦を連想させるとなるときつくなっちゃいますね。

スポンサードリンク