日テレの土曜ドラマ「35歳の少女」ですが。
25年前の回想シーンも多いでしょうから、子役の注目度も高まりそうですね。

主演柴咲コウさんが演じる時岡望美の子役は鎌田英怜奈ちゃん。
見覚えのある名前ですが、僕の見たドラマでは「ミストレス」で水野美紀さんの娘役をやっていた子なんですね。
最近まで韓国版を見ていたからややタイムリー。


いまプロフィールを見たら趣味特技に殺陣ってあるわw
子役で殺陣シーンなんかやるのかな。

橋本愛さん演じる妹の時岡愛美の子役は阿部久令亜ちゃん。
どことなく橋本愛っぽさもあるかもな。

そして坂口健太郎さんが演じている広瀬結人の子役は込江大牙くん。

NHKの「エール」や「麒麟がくる」にも出演しているんですね。
11歳にして豊富なキャリアを誇っている子役です。

僕の持論として子役の良いドラマは満足度が上がるというものがあります。
子役もかわいけりゃいいってもんじゃないですからねー。


まあ、大人でもルックス人気だけ起用されているような人もいるので、演技面をどうこういうのも酷ではありますが。
没入して見るなら子役の演技も重要だな。

「35歳の少女」はどういう演出になるのかまだわかりませんが、回想シーンもそれなりにありそうですからね。
今回あげた子役も単なる脇役というわけではなく、主演クラスの重要度かもしれません。

スポンサードリンク