100日の郎君様(韓国ドラマ)NHKで放送!現地の評価や視聴率は?

NHKで18年の韓国ドラマ「100日の郎君様」がスタートしますね。
これは現地でも評判も良い作品なので期待できるでしょう。

100日の郎君様は時代劇といってもフィクションなんですよね。
ミステリーロマンスフィクション時代劇ということで。




韓国の史劇って大ヒットドラマであっても、意外と現地の評判は厳しかったりするんですよね。
よくあるその理由に歴史の歪曲があるんですけど・・・。
そういう意味でもフィクションの今作品は、その手のケチが付くこともありません。

主演はド・ギョンスとナム・ジヒョン。
ナム・ジヒョンは「あやしいパートナー」の主演ということもあってか、日本でも人気のある若手女優です。
子役出身で演技力も定評があり、あやしいパートナーに続き、100日の郎君様もヒットした若手トップ女優。




ちなみに先日までは「365:運命をさかのぼる1年」に出演。
こちらは原作「リピート」が日本の小説で、日本でもドラマ化されているドラマです。
365は視聴率的には伸び悩んだけど、作品自体は高い評価を受け成功に導いております。

日本の朝ドラで主演を張ってそうなルックス。

ちなみにヒロインの子供時代はホ・ジョンウンがやっているんですね。
彼女の主演作「オー・マイ・クムビ」はいつか見たいと思っているんですよねー。
でも見たい作品がたくさんあって、なかなか見られないですね。

100日の郞君様の視聴率は最低が4.4%、最高が最終回の14.4%です。
ただ視聴率自己最低の回はお盆の放送で、特番が強烈なライバルだったための低視聴率。
ですから実質は初回放送の5.0%が最低と言えるのかもしれません。
1話最低、最終回最高というのは良い傾向です。




5%というのはかなり低く、14.4%というのも特別高視聴率に聞こえないかもしれません。
ですが、100日の郞君様が放送されたtvNは地上波ではなくケービルテレビ局。
それに韓国は日本よりも主要放送局が多いので、日本の感覚よりは視聴率は低くなります。


非地上波で5%というのはかなり良い数字で、10%超えなんて大ヒットですね。
(現在放送中の同枠ドラマは初回3.0%、その前のドラマは初回が最高で2.4%)
100日の郞君様の14.4%は同枠のドラマでは最高視聴率、tvN歴代ドラマ視聴率でも現時点で5位となっています。

視聴率だけでなくネットでの反応の良好で、ドラマ出演者もかなり話題になっていたようですね。
ナム・ジヒョンはもちろん、ド・ギョンスも評判が良かったみたい。

ネットで評価が高いということは20代、30代の若い層からも評価が高いということです。
文句なしの名作と言っていいでしょうね。




ちなみにNHKの放送は吹き替え版とのことで、これが残念だという声も聞こえてきます・・・。
僕は吹き替えのドラマって見たことがないんですけど、やっぱり生の声が良いでしょうねー。
まあ、字幕より吹き替えの方がセリフは原作に近いのでしょうから、そういう意味では良い面もあるわけですが。
どこか演技演技したセリフに聞こえちゃうところもあるので、ちょっと嫌かもしれませんね。

字幕の動画は僕のおすすめする動画配信サービスU-NEXTから見ることができます。
ただ1話220円の動画レンタルにはなってしまいますね。(ポイントを購入すれば40%ポイントバック)
韓国ドラマ以外にもいろんな動画が配信されているので、見たい動画がたくさん見つかると思います。




なんにしても「100日の郎君様」はおすすめできそうなドラマですね。
韓国ドラマは面白いものが多く視聴者も目が肥えているので、見る目も厳しいんですよね。
だから100日の郎君様みたいに現地で評価が高いドラマに外れはありません。
NHKも良いドラマを放送しますね。
問題は吹き替えにハマっていけるかということです。笑


-無料期間中でも設定・サポートページからクリックだけで簡単に解約ができます-
>>U-NEXT公式サイト「100日の郎君様」

※本ページの情報は20年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。