集団左遷の初回1話を見た感想。福山雅治主演で銀行が舞台の下克上ドラマ

TBSの日曜ドラマ「集団左遷!!」の初回放送を見ました。
予告を見てもっとコメディ的な感じなのかと思いましたが。
思ったよりはコメディがくどくはなかったですね。

福山雅治さん主演で銀行が舞台のドラマということで。
本部は人員削減のため無理な営業ノルマを設定、ノルマ未達成を理由に支店をつぶそうというわけですね。
福山さん演じる片岡は廃店候補の支店の支店長として左遷されたということで。




まあ、本部のやり方は悪い奴って感じですが、人員削減に関してはねー。
銀行の営業形態って批判的な人も多いですし、このドラマを見ている人の中にも素直に福山雅治を応援できない人も多いと思うんですよ。笑

「無駄な人件費があるならカットして俺たちに還元しろ」って思うのも無理はないですし。

うがった見方をすれば、僕らが預けたお金を勝手に使って商売をしているわけですからね。
それなのに、自分のお金を引き出そうとしたら手数料を取られたり。

手数料って何の手数料だよって感じですが。笑
まあ、僕は文句を言えるほど預けていないからいいんですけど。




銀行に文句がある人はたくさんいると思うけど、銀行で働く人が頑張っているのはドラマの通りでしょう。
頑張るなという上層部と、頑張る部下の板挟みになった片岡です。

結局は部下の熱意や自分の信念もあり、上層部に噛みついたわけですが・・・。
次週から上層部の嫌がらせが本格化してくわけですね!




まあ、いまのところ素直に下克上を応援できない自分がいるんですけど。笑
原作は92年の小説のようですが、いまの時代に銀行が舞台というのもどうかな。

感情移入しにくい人も多いと思うけどなー。
今後の展開次第かな。


>>僕が見たHuluおすすめドラマランキング

スポンサードリンク