花様年華(韓国ドラマ)1話の視聴率は?ザ・キングと並ぶ期待大作品

先日tvNの新ドラマ「花様年華-人生が花になる瞬間」が放送スタートしました!
主演はユ・ジテ、イ・ボヨン。
また過去シーン役のジニョン(GOT7)、チョン・ソニも主演格になるのかな。

これは現地でも非常に期待が高いドラマの1つのようです。
イ・ボヨンはバシバシヒット作を飛ばしているし、近年のお母さん役から久しぶりのロマンスです。
同じ土曜日に放送される「夫婦の世界」とは対照的なストーリー(純愛と不倫)ということでも比較されています。

初回の視聴率は5.4%台。
tvNはケービルテレビなので日本の視聴率10%にあたる数字が、3%ぐらいの感覚です。
まずは上々のスタートを切ったわけですが・・・。


気になるのが翌日に放送された2話の視聴率が4.4%と低下していることです。
まだ評価はわからないとはいえ、いまのところは高い期待に応える作品ではなかったのかもしれませんね。

花様年華は同じ期待大ドラマということで「ザ・キング:永遠の君主」とも比較され。
ザ・キングも序盤は予想以上に低迷しているんですよね。
こちらはいわゆる王子様とシンデレラの典型的なロマンスだと言われています。


一方の花様年華は典型的な初恋ファンタジードラマだと言われているようです。
どちらも真新しさはないというわけですね。

まあ、あくまでも高すぎる期待を超えることはなかったスタートというわけです。
大ヒットドラマだって最初の方は退屈に感じるものも多いですし、まだまだこれからですけどね。
いまのところは両作品とも典型的なロマンスだよね、ということです。




いやー、現地の声は厳しいですね。笑
まあ、こういう厳しい目で見られるから面白いドラマがたくさん生まれるし、現地で好評なら間違いなく楽しめるドラマになっているんですけど。

ザ・キングにしても花様年華にしても、高すぎる期待が物足りなさを感じさせているのでしょう。

両作品とも僕が見るジャンルではないので現地で評価が低かろうと構いはしないのですが。
そうはいっても、日本でも注目を集める作品ですからね。

特にザ・キングはネットフリックスで見られるらしく、日本では大絶賛されています。
あまり悪く言うのも怖いですよ。笑
(ちなみに、すでに製作費は回収するほど興行的には成功しているらしい)




まあ、ザ・キングは4話、花様年華は2話が終了した時点ですからね。
本当にこれからだらし、ドラマの評価が定まっているわけではありません。
花様年華なんてこれからもこられらです。(酷評されているわけでもないし)
スタートダッシュには失敗したのかもしれませんが、今後の巻き返しに期待したいところです。