笑ってはいけないシリーズの第3作目「絶対に笑ってはいけない高校(ハイスクール)」を見ました。
浜田が指揮者側で、その他の4人が罰ゲーム側ですね。

今回から竹刀で叩かれるというもので、現在の罰ゲームを彷彿させるものになっています。

テンポ的にもハイスクールぐらいが面白くて良いイメージがありますね。
笑ってはいけないでお馴染みの仕掛け、ジミー大西のビデオも初登場です。
あのジミー大西の英語のビデオも面白かったですね!




あとは浜田が登場してからのスーパーボールなどのくだりが印象的です。
そして1番印象的なのが板尾の嫁のダンスですね。

マドンナの「Material Girl」

「Like A Virgin」

アイリーン・キャラの「What A Feeling」

特にマテリアル・ガールなんか、当時は再注目された曲でしょうね。
あのダンスは印象的だった。

ちなみに「板尾の嫁」というのは番組の企画のコントで登場していたキャラのようですね。
本当の奥さんというわけではないみたいです。

板尾の嫁はいっぱい登場していたイメージがあるけど、終盤にちょこちょこ出てきただけなんですね。
もっと中盤からガンガン出ていたイメージがあった。
あとはトイレの花子さん(泥酔状態の山田花子)も印象的でしたね。




僕はハイスクールぐらいのバランスがお気に入りです。
笑ってはいけないシリーズはHuluから定期的に独身配信されているので、ぜひチェックしてみてください。


-無料期間中でもアカウントページからクリックだけで簡単に解約ができます-
>>Hulu公式サイト「笑ってはいけないシーズ」

※紹介している作品は、2019年12月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。