TWO WEEKSを見て気になる点と言えば、三浦春馬さん演じる結城大地が、なぜ妻子を捨てたのかということです。
まあ、厳密に言えば妻子ではなく恋人とお腹の中の子供ですが。


1話の内容からでもなんとなく推測は出来るものでしたが、はっきりとしたことは明かされませんでした。

今回はその点について原作からネタバレです。

結城は8年前に妊娠した恋人を捨てて姿を消しました。
リメイクで描かれるかわからないけど、原作ではその時にかなり酷いことを言っていたようです。



「もうお前が嫌になった。だからお腹の子供のことも嫌」みたいな感じです。
で、恋人を病院に連れて行き泣き崩れる恋人を手術室に突き放して消えてしまいました。

さすがにただのクソ野郎というわけではなく、事情があったことは察しますが・・・。
その事情というのに、柴崎が絡んでくるんですねー。


結城は8年前に柴崎が犯した殺人の罪をかぶって服役しています。
そのときに恋人のことをネタに、従うよう脅されてしまったわけです。




事情を説明すれば恋人の命が危ないから、説明するわけにはいかない。
だから泣く泣く恋人を捨てることを決意したんですね。
恋人は裕福な家庭の出で、元々2人は立場の違う人間なんだし、俺のことは忘れて地元へ帰れと突き放してしまったという。

↑これ少し若々しい雰囲気にしているから、その8年前のシーンの撮影かな?

元恋人のすみれさんはそんな事情を知らないから、いまでも結城を恨んでいます。
しかも、娘の手術が決まったというのに、殺人の罪で捕まり逃亡中なんですから、そりゃあパニックになってしまいます。
後に8年前の事情を知り、彼を信じなかったことを後悔するようでしたが。




だた、すみれさんも結城を8年間ずっと恨んでいたわけではなかったようですね。
娘さんがパパの写真を持っていたけど、あれは刑事さんと婚約したときに捨てたものだそうです。
それまでは大切な思い出でもあったのでしょう。

ちなみに8年前の事件というのも、ストーリーに関わっている人物の身内が被害者になっています。
そこらへんもまたネタバレ記事を書きたいですね。



何にしても結城は本当に嫌になったから恋人と娘を捨てたクソ野郎ではないわけですね!
結城もその過去があるから自暴自棄な生活を送っていたようですが、娘が生まれていたことを知り、人生に目標を持ち生まれ変わっていくわけです。

スポンサードリンク