映画「無垢なる証人」で自閉症の女の子ジアを演じたキム・ヒャンギ。
キム・ヒャンギは00年生まれ、同い年で誕生日も近いキム・セロンに並ぶ名子役です。

2人は女王の教室のリメイクにも出演、キム・ヒャンギはそこでも難しい役をこなしたようですが。
今回の無垢なる証人でも見事な演技を見せてくれましたね。

キム・ヒャンギは当時18歳ですか。
これまでも難しい役をこなしてきた子役のようですが、精神障害を持つ女の子を見事に演じております。

たまに普通の女の子っぽいところはあるけど誤差の範囲ですね。
特に終盤はけっこう、はっきりとした態度をとっていましたが。


証人になりたいという意思表示があってから、ジアの中でも変化があったんですよね。
でも自閉症らしさを失わず複雑な演技を消化したのはさすがです。

キム・ヒャンギは身長155センチと、韓国の女優としては小柄なんですよね。
そこらへんも子供っぽさがあって良かった。

19年の韓国ゴールデン撮影賞では最優秀主演女優賞を最年少で受賞。
大韓民国文化演芸大賞でも映画女性部門の最優秀演技賞を最年少で受賞しています。




ちなみにイ・ハン監督の作品は14年の映画「優しい嘘」に出演しています。
そときには百想芸術大賞で映画部門女性新人演技賞を受賞していますね。
その縁もあっての今回の起用だったのかな。

この投稿をInstagramで見る

가을오냥

김향기(@kimsmell1)がシェアした投稿 –

まさに実力派子役のキム・ヒャンギです。
もう20歳になっているけど、童顔だからまだまだ学生役をやっていけるでしょう。

学生役を卒業したときに、どうゆう女優になっていくのか・・・。
同世代の子役出身女優では同い年のキム・セロン、1つ上のキム・ユジョンとキム・ソヒョンが抜けています。




キム・ヒャンギはNHK朝ドラヒロイン系の顔立ちだし時代劇とかも合いそう。
キム・セロンやキム・ソヒョンは史劇って感じの顔立ちではないもんな。

キム・ユジョンは青春史劇(雲が描いた月明り)で大ヒット作に恵まれていますが、キム・ヒャンギも史劇のヒロインで大出世できるポテンシャルがありそうだな。

スポンサードリンク