日テレの土曜ドラマ「35歳の少女」で主演を務めている柴咲コウさんです。
1話の放送では柴咲コウさんの少女の演技が話題になりましたね。
称賛されている記事もありますが、口コミを見ると違和感があるという声も多いですね。

精神は10歳の女の子の役ということになりますが。
1話で話題なったのはやはり涙の演技です。
インパクトがありましたが、びっくりして音量下げちゃいましたw

僕は10歳の女の子がどういう泣き方をするのか知らないので、あれがリアリティのある演技なのかどうかはわかりません。
でもイメージとしては10歳というよりは幼稚園児ぐらいには感じる。
ちょっと幼すぎるかな、という印象にはなるし、口コミを見てもそう感じる人は少なくないみたいです。

10歳の泣き方にしてはやかましい気もしますが、まあ、いくらかオーバーになるのは仕方がないですよね。
子供っぽさを強調する演出でもあるでしょうし。




なにより、たぶん柴咲コウさんは10歳を演じる子役の鎌田英怜奈ちゃんの演技に合わせているところもあると思うんですよね。
(子役が演じる子供って、同世代の子供より子供っぽいんじゃないかな。)
それにより柴咲コウさんも余計に子供っぽさが強調されている演技になっているんだと思う。

2人の演技がかけ離れていれば、それはドラマ的によろしくないじゃないですか。
だから柴咲コウさんが鎌田英怜奈ちゃんに合わせるだろうし、今後も演技に違和感があるように見えるところは出てくると思う。

好き嫌いは分かれる演技でしょうが、そこはもう仕方がないですね。
僕は置きに行ったような人気俳優のプロモドラマみたいな作品よりは、35歳の少女みたいな強烈なドラマの方が好感も持てるな。


まあ、制作陣への好感は持てるのですが、自分が見るかどうかはまた別の話・・・。
「同期のサクラ」は文句言いながらも全部見たので、35歳の少女も全部見るかもなw
とりあえずは次回2話も見ようと思います。

スポンサードリンク