最終回直前の9話を迎えるフジテレビ系列のドラマ「パーフェクトワールド」です。
僕はこのドラマが好きで、原作の漫画も買って読んだのですが・・・。

ここへ来てヒロインの川奈つぐみ(山本美月)の評判が悪くなってしまいました。

この投稿をInstagramで見る

明日はパーフェクトワールド8話。 是非! #パフェ #パーフェクトワールド

MIZUKI YAMAMOTOさん(@mizuki_yamamoto_official)がシェアした投稿 –

ポスタービジュアルを見ればわかるように、最終的には主人公の鮎川樹(松坂桃李)と結婚するわけですが。
つぐみの評判が悪くなってしまった原因は、樹の恋敵でもある是枝君(瀬戸康史)のプロポーズを受けてしまったことです。




まあ、是枝君と付き合い始めたというのはわかります。
ただいくら幼馴染でお互いのことをよく知っていると言っても、早急なプロポーズを受けたのがね・・・。
しかも簡単な口約束レベルではなく、親のあいさつも済ませ結婚式の準備までしているわけですから。

そりゃあ、ここから元鞘と言われたら、さすがにつぐみが悪い女になってしまうのも無理はないでしょう。

この作品は障害者との恋愛の厳しさが描かれているわけですけど。
でも、この件に関しては樹が障害者というのが、あんまり関係ないですからね。


関係がないわけではないのでしょうが、そこがわかりやすく描かれていないし。
せめてつぐみが、自分よりも長沢さんが樹のパートナーとして相応しいと考えるくだりあれば印象も違うと思いますが。




そして、なにより是枝君が良い人過ぎるんですよね。
是枝君に恋敵としてのヒール感があればともかく、応援したくなるようなキャラだから・・・。

原作の是枝君は幼馴染ではなく、高校の同級生です。
決して悪い奴ではないのですが、樹とつぐみの仲を切り裂く描写があったので邪魔者感はありました。(僕の印象としては)
だから元鞘を願う気持ちにもなったのですが、ドラマ版の是枝君だとかわいそうな印象が強いですからね。




まあ、是枝君もドラマスタート時には、そんなに良い男には見えなかったんですけどねー。
プロポーズがどうこう妹に話して「何も始まっていないのにアホかこいつ」と思ったものですが。笑

それがいざ、つぐみに気持ちを打ち明けると、急に男らしくて頼りがいがあるキャラになるし。
つぐみのお父さんからの信頼も厚いし、すげーかっこいですからねー。

一方のつぐみは長沢さんへの対抗心もあってか自己中心的な言動も目立っていましたが。
まあ、あれは障害者との恋愛の厳しさを描く上で仕方のないことだとは思いますけど。



はっきりとした気持ちを持たないまま、是枝君のプロポーズを受けいれて・・・。
なんだかその気持ちを知りつつプロポーズをした是枝君が悪いみたいになってきたからな。

「逆境に立ち向かう」とか言われても、なんだかなーという感じです。
弱々しかったつぐみが成長したという感じなのかもしれませんが、それにしても周りを不幸にしすぎだからなー。

ここからまたつぐみを応援したくなるような展開になればいいのですが・・・。

まあ、僕はまだまだこのドラマが好きだし楽しみにしてはいるのですが。
ここからつぐみの評価を大逆転させるのは難しそうですね。




本当に結婚の準備までは行き過ぎだったなー。
是枝君を重要なキャラにしすぎちゃった感がありますね。

スポンサードリンク