絶好調のJTBCドラマ「夫婦の世界」が自己最高視聴率をさらに伸ばしました。
24日の第9話は20.5%台で微増。
25日の第10話では大幅に視聴率を伸ばし22.9%台を記録しています!

これまで20年の非地上波ドラマで最高の視聴率を記録していたのが「愛の不時着」で21.7%台。
夫婦の世界が今年の非地上波ドラマでは最高の視聴率を記録したことになりますね。




ちなみに25日は愛の不時着の枠でユ・ジテとイ・ボヨン主演の「花様年華」がスタート。
放送時間はかぶっていないので夫婦の世界の直接のライバルではありませんが、同じ中年の恋模様でありながら対照的なエピソードで比較対象になっております。

初回視聴率は5.4%なのでケービルテレビとしては上々のスタートになっております。
今日の第2話でどれだけ伸びてくるか・・・。

また、もう1つのライバルドラマで、夫婦の世界と放送時間も少しかぶっている「ザ・キング:永遠の君主」ですが・・・。
こちらは今週の3、4話はいずれも視聴率が10%に届かず。


人気脚本家のキム・ウンスク史上ワーストドラマの可能性も示唆されながら、今後の展開に期待がもてる感じにはなってきたのかな?
夫婦の世界が先に終わるので、そこから視聴率がどんどん上がる感じになれば良いですが。
それまでには良い感じの流れになってもらいたいですね。

ちなみに夫婦の世界は10話の首都圏視聴率が25.9%台。
SKYキャッスルの首都圏視聴率24.6%を超えてJTBC史上最高視聴率となっています。
全国視聴率はまだSKYキャッスルが上回っていますが、もう塗り替えることが濃厚ですね。




もちろん視聴率だけでドラマの評価を測ることはできません。
ですが夫婦の世界はオンライン動画の視聴数も多く、20代、30代の視聴者も多いことも計測されています。
これは期待のドラマですね。

(11話の予告動画)
SKYキャッスルはいまBSの放送を見ているんですけど、最初は「そんなに面白いのかな」って感じだったけどどんどん面白くなってきました。
視聴率が右肩上がりなのも納得です。




夫婦の世界は2話からグンと視聴率があがっているので、最初から面白いんでしょうね。
先週はキム・ヒエの主観暴行シーンがやや問題視されながらも、まったく影響なし。

賛否あるのは当然にしても、技術が進んだ結果ではあるわけですし。
日本のドラマもいまの自粛を機に進化しないかなー。
名作の再放送もいいけど、海外ドラマを放送してもいいと思うわ。
視聴者のハードルをあげないとドラマは進化しない。




夫婦の世界は中だるみがあると思ったけど残りの放送は3週、計6話ですか。
次週も好調なら中だるみなしで、クライマックスまで伸びそうですね!

スポンサードリンク