17年に中国で公開された映画「夏、19歳の肖像」を見ました。
主演はファン・ズータオで、過去にEXOという韓国のアイドルグループで日本デビューしているようですね。

簡単なネタバレありきの感想です。

原作は島田荘司の同名の小説ということで。
サスペンスというよりは青春、恋愛系の印象が強かったかな?

けっこう面白い作品でした。

バイク事故での入院中に、窓から見えた美女に恋をした主人公カン。
そこで家族喧嘩の末、父を殺してしまった女の子の姿を目撃してしまったわけですね。




最初はそんなに美女か?と思ったけど美女でしたね。
石原さとみ系の美人さんでした。

良いところのお嬢様だったようですがストーキングの末、彼女の務めるリサーチ会社でバイトをすることに。
ここで彼女と仲良くなることに成功し、駆け落ち状態で関係を深めるという夢のようなお話でした。




ただまあ、彼女は殺人者。
しかも、家出状態ということもあり母が用心棒に捜索を指示。

それに加えてすべてを知るという謎の人物から脅迫メッセージを受けるなど、カンを悩ませていたわけですね。
そこがサスペンスの要素なのですが。

カンをストーカーしながらメッセージを送っていた脅迫者の正体は友人2人。
カンのことが好きだったという女の子が、こっそりとスマホに監視アプリをインストール。
カンが病室で使用していた望遠鏡に細工をして、カンが覗いていた女の子の存在も知っていたというね。




親友の男の子も彼女に協力していたようですが。
ストーカー女も怖いですな・・・。
まあ、主人公もストーカーどころか自宅に不法侵入していたけど。

そして、父を殺した女の子ですが。
まあ、本当は殺していないんだろう感はありましたよね。
実際にあれは病に倒れただけで、父を刺していたわけではないと。





さらに、そもそもあれはお父さんではないという展開もありました。
実の父が負債を抱えており、母がお金持ちの愛人になるように仕組んだことだったかな?

お金のために母と一緒に愛人と暮らし、普通の恋愛のできない寂しい思いをしていたようですね。
だから主人公と駆け落ちのようなことをしていたという。

ストーカー女に「人を愛せない辛さがわかるか?」と説いていたのは、そういう事情があったのか。

それにしてもなんで彼女を探していた護衛の人たちは、あんなに乱暴だったんだろうな。
裏社会に足を突っ込んでいるわけではないんでしょうし。
原作は日本だけど、原作の小説もあんな感じだったのかな?




サスペンス的な面白さが特別あったわけではないけど、楽しめた作品でした。
父の死体の隠し場所(と思われた場所)に赤ちゃんの標本が出てきたのもびっくりでしたね。


主人公は10年後の姿の方がかっこよかったな。
19歳のエピソードなので、ああいう髪型も仕方ないか。

退屈なこともなかったし楽しめた映画ですね。
まあ、真相が明らかになるシーンがあっさりとした印象はありましたけど。
エピソード自体はけっこう面白かったです。

スポンサードリンク