JTBCの金土ドラマ「優雅な友達」の放送日が変更となりました。
今回の放送日の変更で次回15話が28日から29日(土)の放送に変わっております。

JTBCはコロナの影響でドラマの撮影がストップしているようですが。
優雅な友達は事前収録ドラマなので問題はないわけですが、後続作の撮影がストップしているようですね。

優雅な友達は韓国ドラマにしては珍しく、全17話と奇数で終わるドラマなんですよね。
韓国ではドラマが週2放送ということもあり、偶数が一般的です。
でも今回1日放送日がズレた影響でラスト16、17話が2日連続放送となっています。
放送日変更が良い影響を生む可能性もあるわけですね。(だから編成も変わったのでしょう)

とはいえ問題なのはこのドラマの評判の方です・・・。
このドラマ枠は今年「梨泰院クラス」→「夫婦の世界」と大ヒットドラマが続きました。
いまもっとも話題のドラマ枠といって良いでしょう。




この優雅な友達も期待されたんですけどねー。
夫婦の世界みたいな世界観かと思いきや、意外と軽い雰囲気もあったようで。
まあ、それは同枠の大ヒットドラマ「SKYキャッスル」も同じです。
SKYキャッスルみたいに徐々に緊張感があり引き付ける雰囲気になれば良かったのですが、そこも弱く・・・。

結局は現実感のない、ただ刺激的な、とんでもドラマになってしまったようです。
残り3話での挽回もほぼほぼ不可能でしょうね。




まあ、このドラマは梨泰院クラスや夫婦の世界の放送前に収録が終わったドラマですからね。
しかも夫婦の世界のドラマプロデューサーは「ミスティ」の人ですが、優雅な友達はラブコメを制作していた人です。
僕も楽しみにしていたドラマですが、嫌な予感的中と言ったところです・・・。

そうは言ってもここまでの最高視聴率は4.7%ですから、そう悪いわけではないんですよね。
放送時間も23時と遅い時間帯ですし、非地上波のドラマですし。(梨泰院クラスの前はハ・ジウォン主演の「チョコレート」で最高視聴率4.6%)
期待値が高かったから物足りない印象にはなってしまいますが、少なくとも視聴率は必ずしも悪くはない。




視聴率は4%台で安定しているし、固定視聴者は多いということでしょう。
今回の放送日変更は視聴率的には好条件になったかもしれないですからね。
終盤3話をうまくまとめれれば、悪くない評価に落ち着くかもしれません。

まあ、評価上げの可能性は低そうなので、せめて最高視聴率は記録したいところでしょう。
5%も記録すれば十分にかっこうも付きますね。

スポンサードリンク