元アフタースクールのメンバーで現在は女優として活躍しているユイ。
以前から激やせっぷりに心配の声もありましたが、その真相を語り話題になっています。

誹謗中傷からのストレスがあったのは事実のようですが、決して拒食症というわけではなかったようですね。

ユイは少女時代とかKARAのK-POPブームのときに日本デビューしています。
僕はそのときのアフタースクール自体は覚えていたので、かつての映像を見返したことがあります。
日本デビュー時ぐらいだとそこまででもないのですが、確かにふっくらとした時代はありますね・・・。




周りにスタイルの良いメンバーがそろっていたので、余計に自分が目立つし。
しかもお腹の画像とかも拡散されたりして苦しんだようですね。

ネットの悪意のある書き込みだけでなく、バラエティでもぽっちゃり体型をネタにされたりしていたっぽいからな。
アイドルなんだし、そこを割り切ることは難しいだろうな。

そもそもなんで太ったのかというのも、なんとなく想像はできるんですよね。
ユイはお父さんが元プロ野球選手で自身も水泳で活躍した優秀なアスリートです。
(だからかつては太ももがガッチリとしていた)
水泳をやっていたころにはかなりの量を食べていたでしょうから、運動量が減ったぶん太ってしまったのでしょう。




女優として活躍するようになってからは批判の声も少なくなり。
ユイ自身もどんどんと痩せていき、チャームポイントとされた太ももも細くなっております。

結婚契約では病弱なシングルマザー役が合っていると好評。
結婚契約は僕も見たけど、たしかに良かった。
もともと演技の評価は高いわけではなかったようですが、全然そんなことを感じさせなかったな。
でも、おそらくこの結婚契約の役がさらに痩せていくきっかけでもあったようですね。




8年間1日1食とか・・・。
アスリートとして健康知識もあるであろうユイがそんなことしちゃだめですよね。
それくらい追い込まれていたってことでしょうけど。

その後、「マンホール」ではさらに痩せた様子で・・・。

この変なティーザーもユイの痩せっぷりが強調されとるわ。笑

さすがに痩せすぎて、彼女の代名詞となっていた太もももなくなり惜しむファンも多数。
その痩せ方も普通ではなかったわけですが、たんなる役作りではなく精神的なところからもきていたんでしょうね。
でも拒食症だと言われることがまたつらかったようで。

しかし、いまや元アフタースクールのメンバーでは1番の出世頭ですからね。
ナナも主演ドラマがスタートするけど女優としてのキャリアはユイの方がずっと上ですし。(演技の評価はナナが上かもしれないけど。笑)




ユイも主演クラスの女優としての地位を確立しているし、前作の「たった一人の私の味方」もヒットしていますしね。
「黄金の私の人生」を蹴って「マンホール」出演という黒歴史がなければ、女優としてもっと凄いキャリアを築いていたのにな。

惜しいことをしたものですが、マンホール出演後の後続作は好評なのでキャリアに大きな傷はついておりません。
まだまだ演技の評価をあげて、女優としてさらなるステップアップを期待したいですね!

スポンサードリンク