韓国ドラマの「ミストレス」で受刑者のチャンヒョンを演じたアン・チャンファン。
日本版には登場しないキャラですね。
たぶんイギリスの原作にも登場しないオリジナルキャラでしょう。

アン・チャンファンは「刑務所のルールブック」「熱血司祭」と大ヒットドラマに出演し名をあげた俳優です。
ミストレスは刑務所のルールブックに続く受刑者役ですね。

※ネタバレ表現あり

ミストレスでは妻を殺した罪で刑務所に収監。
妻というのは主演4人と高校時代からの友人ですね。




ちなみに奥さんを演じていたチャン・ヒジョンはアン・チャンファンの実際の奥さんです。
本物の夫婦が夫婦を演じていたということになりますね。
もっとも、夫婦のシーンがあったという感じでもないですけど。

チャンヒョンは無罪を主張しており、作品の雰囲気からも本当に無罪なんだろうなという印象。
しかし実際には無罪ではなく本当に奥さんを殺していたチャンヒョン。

妄想障害によって自分を無罪と信じ切っていたということで・・・。
刑務所のルールブックに続いて精神障害役を演じていたわけですな。

息子を信じたお母さんは息子の無罪を証明するために、事件に関わっていくのですが。
思わぬところで黒幕の秘密を目撃してしまい、殺されてしまうわけですね。
自身の嘘がなければお母さんが死ぬことはなかったのに・・・。

しかしドラマの中とはいえ、奥さんを殺してしまうとは。
ネタにされそうだなw
いろんな人にからかわれそう。

コメディキャラの側面が強かった刑務所のルールブックとは違い、ミストレスでは普通の受刑者を演じております。
悪役もできる顔立ちなので受刑者役がよく似合いますね。

スポンサードリンク