先日U-NEXTで18年から19年にかけて放送されたドラマ「ボーイフレンド」の配信がスタートしました。
現時点で独占配信らしく、推されている様子なのでどんな作品なのか気になるところです。

ボーイフレンドはtvNのドラマですね。
同枠の前作は日本のキムタクさんまドラマ「空から降る一億の星」のリメイク。
私のおじさん→キム秘書はいったい、なぜ?→知ってるワイフと好調が続いていた同枠の流れを止めてしまったのですが・・・。




前作の悪い流れを断ち切りボーイフレンドは1話で首都圏視聴率11.5%と好発進です。
2話で自己最高視聴率全国10.3%、首都圏12.9%を記録しています。
ちなみに自己最低は11話の全国7.5%、首都圏9.3%。

最高10%というのは低い気がするけど、tvNはケーブルテレビですし、韓国は日本より主要放送局も多いのでそのぶん日本の感覚より視聴率も下がります。

ただまあ視聴率的には成功を収めたドラマではあるのですが、評判はイマイチだったようですね。
主演はソン・ヘギョとパク・ボゴム。
2人とも視聴率保証型と言える人気俳優ですが、この2人の高い評価に支えられた視聴率と言ったところみたいですね。




実際に視聴率も前半が高くて、その後は下がっていき・・・。
終盤にやや盛り返したものの最終話は全国8.7%ですからね。
放送時間のかぶっているライバル作「皇后の品格」が好評で、対照的に視聴率を伸ばしていったことも影響しております。

またパク・ボゴムのような人気俳優が出演していると、日本の口コミは無条件に高くなる傾向があるのですが。(僕の偏見。笑)
ボーイフレンドは意外や意外、賛否分かれる口コミになっていますね・・・。


というのも、年齢が一回りも上のソン・ヘギョが相手役というのは合わないというのです。
実際にこれは現地のボゴムファンの間でも同じことが言われているようですね。

ソン・ヘギョは太陽の末裔以来のドラマ復帰作ということで注目を集め、それは視聴率にも表れているのですが・・・。
日本では韓国ほど人気がある女優さんではないのかもしれないし、だったら日本の視聴者はより不満を感じるところかもしれません。




まあ、そうは言っても好き嫌いこそあれ、主演2人の評価自体はボーイフレンドでも高いわけですよ。
それよりも脚本に問題がありというのが、1番のマイナスポイントなわけです。

男版のシンデレラストーリーで、悪く言えば陳腐な印象もあるようですね。
(U-NEXTでもおとぎ話のような美しい極上のラブストーリーとあるわ。笑)
あまりリアリティのない話というのも、受けが悪いのかな。




逆に言えば定番のストーリーとして楽しめるものになっていると言えるのかもしれませんが・・・。
韓国の視聴者は目も肥えていて厳しいですからね。
人気俳優2人の期待作であることを思えば、満足できるものではないわけですね。

脚本がイマイチで視聴率も伸びなかったとはいえ、平日のケービルテレビドラマとしては高視聴率ではあります。
その高視聴率も良くも悪くも主演2人の力であり、別の俳優だったら視聴率も悲惨なことになっていたのかもしれませんね。
現地の厳しい評価を見ると、あまりおすすめできそうなドラマには思えない・・・。




役者目当てで見る分には良いのかもしれないですけどね。
実際に日本でも悪い声ばかりというわけではなく、良い口コミもあるわけだし。
ただ現地の評価はイマイチだったみたいです。


-無料期間中でも設定・サポートページからクリックだけで簡単に解約ができます-
>>U-NEXT公式サイト「ボーイフレンド」

※本ページの情報は20年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。