ボーイフレンド(韓国)の動画を見る方法。名作続きのドラマ枠

20年7月23日からBS12で「ボーイフレンド」が放送されるようですね。
ソン・ヘギョ、パク・ボゴム主演のドラマで、BS初放送になるようです。
これは現地でもかなり話題になったドラマですね。

ソン・ヘギョはドラマ興行不敗女優、パク・ボゴムも若手トップクラスの人気俳優です。
1話の視聴率は8.7%でこれは同枠のドラマでは歴代1位。
前作「空から降る一億の星」が最終回でも3.4%と低迷したことを踏まえても、凄い高視聴率です。
いかに注目されたドラマかということですね。




このドラマ枠は17年10月から約1年間黄金期を築いていたんですよね。
「甘くない女たち」→「刑務所のルールブック」→「マザー」→「私のおじさん」→「キム秘書はいったい、なぜ?」→「知ってるワイフ」。

空から降る一億の星で流れが途切れてしまったわけですが、空から降る一億の星だって悪いドラマとされているわけではありません。
当時はまだまだ名作枠として評価されていたドラマ枠でしょう。(19年下半期から低迷・・・)

そこへきて主演が大物2人なので大きな注目を集めるのも当然です。

ただボーイフレンドも評価が高いドラマなのかといえば、そうでもないんですよね。
視聴率に関しては最高10.3%、最低7.5%。
ケービルテレビであるtvNとしては大ヒット作と言っていい高視聴率です。
キム秘書はいったい、なぜ?以上ですからね。




ただまあ、その視聴率もソン・ヘギョとパク・ボゴムだからこそとの声もあり・・・。
主演2人の評価は高いのですが、脚本が陳腐だと言われているんですよね。

また2人の年齢差が一回り近くあることから、一部では合っていないとの声も。
でもそれよりは男性版シンデレラストーリーという、よくあるパターンの脚本に批判があるようですね。

それもこれもソン・ヘギョ、パク・ボゴムのキャスティングによる高すぎる期待値からくる不満という面はあるでしょう。
この手のドラマにしては珍しく、日本でも賛否ある口コミが見受けられますが・・・。
役者目当てで見るぶんには良さそうですけど、過度な期待は禁物なのかもしれません。

そうは言ってもですよ。
現地の視聴率でも前半より後半の方が落ちているのは事実ですが、それでも最低7.5%ですから。
それだけの高視聴率を記録しているんだから、そこまで悪いドラマではないと思うのですが、どうなんだろう・・・。
(ザ・キングみたいに視聴率半減しているわけでもないし。)

動画の方はU-NEXTで独占配信されていますね。
動画レンタル作品なので、1話220円となっていますが・・・。
ポイント購入すれば40%バックなので、実質130円ぐらいか。
それにしても金銭的にはDVDとかレンタルする方が安いんですよね。




ただボーイフレンドは比較的新しいドラマだから動画レンタルだけど、U-NEXTは見放題作品もたくさんありますからね。
ソン・ヘギョの代表作といる「太陽の末裔」は見放題作品です。(太陽の末裔以来のドラマということもボーイフレンドが大きな注目を集めた理由)

さらにパク・ボゴムの「雲が描いた月明り」は独占見放題となっているようです。
ソ・イングクとのやりとりが現地でも好評の「君を憶えてる」も見られますしね。

U-NEXTは現時点でドラマランキング上位20位のうち16作品がアジアドラマです。
いつ見ても半分以上がアジアドラマで、それくらいアジアドラマ視聴者が集まっているサービスだということですね。

これを書いている時点では「太陽の末裔」と「雲が描いた月明り」もランクイン。
最近見放題になった「キム秘書はいったい、なぜ?」、「僕が見つけたシンデレラ」などもランクインしております。




月額約2000円なので安くはないのですが、見たい作品はいっぱい見つかると思うので満足度は高いでしょう。
韓国ドラマ以外のジャンルも配信作品が豊富で、日本で1番見放題動画が多い動画配信サービスですからね。
毎月1200円分のポイントももらえるので、ぜひ利用してみてください。


>>U-NEXT公式「ボーイフレンド」

※本ページの情報は20年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。