今回は日テレの「ボイス 110緊急指令室」の第3話の犯人ネタバレです。
ボイスの事件はどれも印象には残るのですが、この事件も印象に残るものでした!

次回予告では真木よう子さんが生き埋めにされるシーンがありましたね。

原作でもこのシーンは衝撃的でした。
室長は犯人に気が付き1人で接触するのですが、共犯の存在に気が付かず逆にやられてしまいました。

いや、音が聞こえないのかよとツッコんでしまいましたが。笑

まあ、改めて見てみるとこの犯人が父を殺した犯人のことを知っている風だったんですよね。
で、興奮気味だったから音も聞こえなかったということかな。

この室長を襲った連中が、矢作穂香さん演じる森下葵を襲った犯人でもあります。

で、この犯人ですが2話ですでに登場していましたね!
森下葵の彼氏役で登場した森永悠希さんです。




原作によると、元々恨みがあって葵に近づいているんですよね。
彼氏のお母さんが葵のお父さんと不倫をしていたという・・・。


子供の頃に母に裏切られたことから性格がねじ曲がり、女性を人間扱いしないようになったという。
母も殺しているんですよね。
サインのネタバレで同じこと書いたけど、サインじゃなくてボイスだったな。笑)

ちなみに犯人の目的というのも恐ろしいもので・・・。

彼は裏である会員サービスを立ち上げてけっこうな資金を得ている男でした。
それが女性を暴行する様子をライブ配信するというものです。

リメイクでも同じ設定になるのかな・・・。
韓国語だから演技がわからないので、余計にリアリティを感じるんですよねー。
雰囲気だけで圧巻の演技です。

本当に恐ろしい奴らでしたが。
今回は室長と班長だけでなく、被害者自身の活躍もあり犯人を逮捕できました。




ちなみにこの犯人は室長の父が殺される現場を目撃していたんですよね。
そのことを匂わせて室長を挑発していたのですが・・・。
そうこうしているうちに護送中に黒幕側の人間に殺されてしまいました。

警察も大失態ですが、それと同時に警察内部の身近なところにスパイがいる可能性が浮上してくるわけです。

こちらが原作の被害者役の女優さん。
矢作穂香さんに雰囲気が似ているかもしれませんね。

しかし拉致の理由が理由だけに、無事で良かったです。





ボイスの原作は本当に面白かったです。
たぶんリメイクも面白いものなんだとは思うけど、原作を見ていると物足りなさを感じちゃいますね。

リメイクと同じくHuluで見ることができるので、ぜひ原作も見てください!


>>Hulu公式サイト「ボイス〜112の奇跡〜」

※紹介している作品は、2019年7月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。