ボイス第4話は逮捕した犯人が護送中に殺害されるという衝撃の展開でした!
いやー、警察が無能ですね。笑
とんだ大失態ですが、まあ、内通者の存在もあり殺害されてしまったわけですね。


今回はそこらへんのネタバレです。
ラストに繋がる重要なネタバレもあります。

といっても、詳しいことは正直覚えていないんですけどね・・・。

まずあの、逮捕した容疑者を殺した男の正体です。
彼が班長の奥さんや室長のお父さんを殺した黒幕なのかと言えば、やはり違うわけです。
原作によると彼の正体は黒幕のお兄さんでした。




といっても、血の繋がりはなく兄は養子でしたね。
サイコパスで悪事を働きまくる弟が捕まらないように、兄が後始末をしているようでした。

(髪を下ろしたセンター長がかわいい)
そして、こうして都合よくガソリンスタンドのトイレで殺されたのも、警察内部に黒幕側の協力者がいるからです。


殺された男も自死として処理されてしまいました。
これは署長に黒幕の息がかかっているからなのですが、リメイクではその様子がはっきりと描かれてはいませんね。

この投稿をInstagramで見る

強行犯係の皆様inロケの様子☺️✨ほんと賑やかなんです、集まると😆ちょっとした空き時間に全員でぞろぞろコンビニへ…🙄そして出てきた時にはみなさんの手にドリンクが🥤✨みなさん、キム兄に買ってもろてました👏🥺男前すぎ🥺どうやらボイスはアニキが大渋滞してるみたいです🚓🚨🚨🚨#ボイス110 #唐沢寿明 #真木よう子 #増田貴久 #木村祐一 #遠藤雄弥 #福澤重文 #宮田佳典 #松本博之 #ほんと強行犯の皆様仲よすぎ #急に変なノリ始まるし #めちゃめちゃシリアスなシーンで #拳銃ぶっ放してるのに #そういうとこ最高です #明日はついに第3話ですよ

【公式】ボイス 110緊急指令室さん(@voice.ntv)がシェアした投稿 –

そして警察内部の内通者として、キム兄が怪しい行動をしていましたが・・・。
まあ、こちらもやはり彼が本当の内通者というわけではありません。




ただ、黒幕側の人間に弱みを握られて利用はされていました。
その弱みというのは女性関係、いわゆるハニートラップというものでしたが。笑

で、キム兄を脅している人間が本当の警察内部にいる内通者で、その正体をネタバレしますが・・・。

それが増田貴久さん演じる弟分の透です。
透のお父さんが黒幕側が運営している企業で働いていたんですよね。




で、父の不祥事(黒幕側が作った)をネタに透を脅迫。
当然、透は抵抗するのですが、黒幕側のチンピラと揉み合っているうちに殺してしまいました。(事故死)
こうして殺人という弱みを握られた透が内通者としてキム兄を脅しているわけですね。

最終的に黒幕を裏切った透は捕らえられてボコボコに。
強気の刑事だったのに命乞いまでする姿はかなり衝撃的でした。
まあ、さすがにリメイクではここまではしないでしょうけどね。

兄貴にスパイがバレて気持ちをぶつけるシーンなど、増田さんの演技力が問われますな。

原作の透も男前です。
増田さんもヘルメットみたいな髪型じゃなくて、バッサリいったらもっとかっこいいのに。





しかし、次回5話ということでもう半分になるけど、まだ黒幕が登場しないんだな。
原作だと意外とあっさりと黒幕が登場したんですけど。
というか、韓国のドラマって日本のドラマみたいに黒幕を引っ張らないのかな?

原作のボイスも面白いのでぜひ見てください。
僕の中では真木よう子さんとイ・ハナの差がでかいなー。
見た目はともかく声がね。


Huluから見ることができるので、ぜひチェックしてみてください。
おすすめのドラマです。


>>Hulu公式サイト「ボイス(原作ドラマ)」

※紹介している作品は、2019年8月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。