13年の韓国ドラマ「ナイン〜9回の時間旅行〜」を見ていますが。
これは切ない展開になっていますねー。

※ネタバレ表現あり

失恋の結果(父が反対した)不幸な人生を送り事故で亡くなったソヌ(イ・ジヌク)の兄。
兄のためにタイムスリップをして運命を変えるお手伝いをしたところ・・・。




兄の恋人だったシングルマザーの娘はソヌの後輩であり恋人のミニョンだった。
兄の運命を変えた結果、兄は生き返ったもののミニョンは恋人ではなく姪っ子に。
これまで通り明るく能天気に接してくるミニョンですが、それは姪っ子として・・・。

大病で死期が迫っているソヌはいわゆる交際ゼロ日婚を提案。
ソヌが好きだったミニョンもそれを受け入れ、出張先のネパールで新婚旅行を楽しんだのに。

ミニョンは新婚旅行の記憶がまったくなく、ソヌにネパールの美しさを語り。
「新婚旅行はネパールがいい。誰も選ばない場所だし」と恋人時代と同じことを言う・・・。

姪っ子になって禁断の恋どころか、ミニョンは恋人を連れてくるなどソヌを異性として見ておらず。(当たり前だけど)
これは切ない・・・。




兄が生き返ったんだからと運命を受け入れながらも、親友の「運命を変えていいのか」との言葉に葛藤も。
そりゃあ、あのミニョンが変わってしまったんだからな。
あんなに幸せそうだったのに。

ミニョンの前ではそっけない態度を取りながらも、ニヤニヤしてしまうイ・ジヌクが・・・。
このツンデレが見れなくなってしまった。
イ・ジヌクに感情移入できちゃうドラマなのでこれは楽しめる。

8話のソヌの涙、ミニョンのウルウルが美しいわ。
叔父の異変を感じているミニョンですが、自分が理由ってのも薄々感じているんだろうな。




ミニョンは相変わらずかわいいけど、この関係の変化は切ないわ。
ソヌはこの運命にどう立ち向かうのかですね。
ソヌは病気のこともあるしミニョンのこともあるしで、どんどん弱っていくようだな。

スポンサードリンク