チャングムの誓いが高画質になる?90年代韓国ドラマも続々上陸か

日本でも大人気の韓国ドラマ「チャングムの誓い」ですが。
なんでも最近、画質改善の技術に成功したらしく、HD画質になってカムバックするようです。
HD画質というのは地デジ以降の画質ってことですね。(たぶん)

・韓流ブーム以前の作品は少ない

日本では04年頃に「冬のソナタ」で第一次韓流ブームと言われるものが起きました。
冬ソナは02年、チャングムの誓いは03年のドラマですね。
ですが、それ以前の90年代のドラマは動画配信サービスでもほとんどありません。


1000を超えるアジアドラマが配信されているU-NEXTですが、90年代の韓国ドラマは2作品だけ。
つい最近、ペ・ヨンジュン、ソン・ヘギョらが出演している01年の大ヒットドラマ「ホテリアー」が配信再開されていましたが。
00年代前半のドラマだってほとんどないですよね。




現在の韓国では40代、50代の俳優もバリバリ活躍しているので、彼らの若い頃の作品を見てみたいファンもたくさんいると思います。
チャングムの誓いだって、いまやトップ女優で日本でも女性人気の高いハン・ジミン、男から見てもかっこいいチ・ジニとか出ていますし。

チャングムの誓いは動画配信サービスでも見られるけど、この頃の作品はやはり少ない。
DVDだとそこそこあるみたいですが、動画配信サービスで配信されていないから気軽に見られないですよね。

・過去作が話題になっても見られない

韓国は20年ぐらい長く主演格で活躍している俳優さんも多いですし、そういう人の過去作が話題になることもあるわけです。
例えばチ・ジニでいえば21年の新ドラマでハン・ヒョンジュと3度目の共演が話題になっています。

過去2作がいずれも評判が良いので、過去作を見たい需要も多いでしょう。
でも15年の「愛人がいます」は配信されていても、04年の「波乱万丈 ミスキムの10億作り」は配信されていない。




僕の好きなキム・ヒソンも、20年「アリス」で99年放送の「トマト」のパロディをして話題になりました。
こうして過去作が話題になっても、配信されていないから見られないですよね。
DVDを借りてまでガッツリ見ようとは思わないし。
動画配信サービスで見られるなら、とりあえず動画を再生するぐらいはするけどね。

ですが、今回の画質向上技術の発達により、80年代、90年代のドラマの海外販売も進んでいきそうです。
これにより20年以上前の韓国ドラマもより気軽に見ることができるようになるでしょう。

まあ、僕は見ないけどなw
ドラマは見ないけど、過去作が話題になったら、どんなものか雰囲気ぐらいは見たくなりますから。

例えば17年の「品位のある彼女」の主演で大きな注目を集めたキム・ヒソンとキム・ソナですが。
2人は98年の「この世の果てまで」というドラマで共演。
当時はキム・ヒソンの全盛期で、キム・ソナは新人です。
2人の共演シーンもあるなら、どんなものか新人のキム・ソナも見てみたいじゃないですか。

昔の名作が高画質になるというのも良いですが、それ以上に海外販売が進むであろうことが嬉しいな。
トップ俳優の若い頃の作品が気軽に見られるというのは面白そうですね。
どんどん昔の作品も増えてほしいな!


-無料期間中でも設定・サポートページからクリックだけで簡単に解約ができます-
>>無料U-NEXT公式「チャングムの誓い」

※本ページの情報は20年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。