先日までBS11で放送されていた「ナインルーム」を見ました。
僕にとってはキム・ヒソン目当てで見たドラマですが・・・。

まあ、見終わってもキム・ヒソン目当てを超えることはなかったかなー。
別に悪いドラマとは思わないけど、特におすすめすることはない。

ドラマの感想はまた別に書くとして、最終回を見て気になったのが最後のシーンです。
改心したウルチ・ヘイ(キム・ヒソン)が冤罪の可能性のある死刑囚と対面。
死刑囚役にソン・ユナという女優さんが特別出演していました。




僕はあそこでチャン・ファサが出てくるのかなと思ったんですよね。
若い頃役の女優さんが登場して、ヘイがファサの面影を感じるみたいな。
(考えてみたら、あの女優さんだと長い刑務所暮らしの死刑囚というのは違和感あるかもな)

この投稿をInstagramで見る

#흉부외과 ♡

정유민(@yourmeaning_)がシェアした投稿 –

(チャン・ファサの若い頃役のジョン・ユミン)

実際に出演したのはソン・ユナだったわけですが、どうやらあの起用も意味があったようですね!
そもそもキム・ヒソンとソン・ユナは親しい友人だそうですが、そのきっかけが98年の「ミスターQ」というドラマ。




当時はキム・ヒソンの全盛期で最高視聴率45.3%(!)を記録しているドラマです。
キム・ヒソンってだけで高視聴率だった時代のようですが、このドラマは本当に名作だったらしい。
ソン・ユナはキム・ヒソンの恋敵で悪女を演じブレイクしたようですね。
悪役としては歴代トップクラスの評価で、放送時はキム・ヒソンを超えるほどの人気だったとか。

たぶんこの人。
ナインルームから20年前のドラマですか。

キム・ヒソンもきれいだけど、時代は感じるわな。
演技もいまほどでない気がするし。

キム・ヒソンのお相手役はミセスコップの人だ(キム・ミンジョン)。
全然変わっていないな。

キム・ヒソンとソン・ユナの共演もミスターQ以来20年ぶりということで、長いドラマファンにとっては胸熱展開だったわけですね。
それは知らなかったし、それは良いことだ。
しかしドラマの最高視聴率が初回という残念な結果に終わり、最終回も視聴率的に盛り上がることはなかったようですね。

実際にナインルームは最終回も物足りないところがあったかな・・・。(不法投棄するなよ。笑)
キム・ヒソンとキム・ヘスクはドラマを通じて凄く良かったけど。
楽しめたドラマではあるけど、僕の韓国ドラマに対する高いハードルは超えなかったかな。

スポンサードリンク