韓国のボーイズグループSEVENTEENのスングァンが「青春の記録」のOSTに参加して話題になっています。
青春の記録はスターであるパク・ボゴムの主演作品で20年下半期最大の注目作とも言われています。
パク・ボゴムは放送開始を前に入隊しちゃいましたから、より注目度を上げていますね。

こちらがスングァンの「Go」。

これがなかなか良い曲ですね!
さすが大注目ドラマの1発目OSTだけはある。
ドラマの方は視聴率的には順調ですし、この調子ならOSTも大ヒットしそう。




ちなみにスングァンにとっては「マザー」以来のドラマOSTということで。
マザーは僕も見たから曲も知っている。
スングァンのことも名前は覚えていなくても顔は覚えているわ。(覚えやすい顔だし)

マザーは日本ドラマのリメイクで現地でもヒットしております。
原作も韓国で人気なのですが、原作超えとの高評価。

子役のイメージがまったく違うのでやや批判もあったようですが、名演技で批判を騙させた真の天才子役ホ・ユルの演技も見どころ。
後半の演技が神がかっております。

最近、日本でも話題で名前を聞くことも多くなったセブンティーンですが。
オリコン1位、Mステ出演も話題になっていますね。
メンバー13人とかなり多いグループですが、多いゆえのパフォーマンスも評価が高いです。




僕はロードトゥキングダムでパフォーマンスを見てからTHE BOYZを気にかけているのですが・・・。
THE BOYZも11人とかなり多いグループですが、まったく無駄を感じさせない。

10人以上もメンバーがいたら「そんなにいらないだろう」とか感じそうじゃないですか?
まったくそういうことを感じさせないですよね。

まあ、これはコンテスト番組のパフォーマンスなので、普段のパフォーマンスとは印象も違ってくるでしょうが。
これだけのパフォーマンスをするグループがいっぱいいるんだからK-POPは凄いわ。
THE BOYZが勝ち進んで出場を決めた「キングダム」ですが、もしかしたらセブンティーンも出場するかもしれませんね。




韓国のボーイズグループは見た目に関しては必ずしも僕の好みではないのですが・・・。
パフォーマンスは本当に良いと思うわ。
最近ジャニーズがゴタゴタしているようなので、日本のアイドル界のクオリティをあげるためにも韓国のボーイズグループも活躍してほしいな。

やっぱり韓国みたいに競争がないとクオリティは上がらないですね。
日本は大手事務所のアイドルしか活躍しないし、それじゃあクオリティも上がらないよね。

スポンサードリンク