テレ朝の木曜ドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件」の初回放送を見ました!
僕は原作の韓国ドラマを見ているので、キャラについて感じることはありました。

この投稿をInstagramで見る

@sign.2019 😌✨ IDパス

飯豊まりえさん(@marie_iitoyo)がシェアした投稿 –

まずやはり気になったのが主演格の2人です。
柚木先生は原作とは雰囲気が違いましたねー。


原作だと最初の方はまともにコミュニケーションがとれる人じゃなかったですから。笑
ずっと怒鳴っているような印象で「こんな奴が主人公かよ」って感じ。

この投稿をInstagramで見る

ドラマ 「サイン」第1話 このあと9時からですよー!^_^

飯豊まりえさん(@marie_iitoyo)がシェアした投稿 –

それが徐々に新人ちゃんも認められてコミュニケーションも取れるようになっていくわけですが。
まあ、リメイク版はボリュームも半分になるので、そこらへんの過程が省略されるのも仕方がないですね。




新人ちゃんのキャラはあんな感じかな?
邪険に扱われてもめげずに頑張る感じ。


ちなみに原作では元々、鑑識として歌手殺害事件に関わっていました。
それが初動捜査のミスがあり(圧力も原因だけど)、自ら鑑識を辞めて資格を取得し解剖医になっていました。

この投稿をInstagramで見る

サイン撮影中 #大森南朋 #サイン

松雪泰子さん(@yasukomatsuyuki_official)がシェアした投稿 –

それよりも気になったのが警察の2人ですね!
松雪泰子さんが演じていた役は、原作だと男勝りな感じで男性経験も少なそうな、俗にいう負け美女みたいな印象の人でした。


だから松雪泰子さんとは見た目の印象からして違うし、まったく別設定のキャラなのかなーと思ったら。
あの酒癖の悪さや出世に必死なところは原作のままでしたね。




高杉真宙さん演じる刑事は、原作だとチェ・ホンマンをイケメンにしたような屈強な男でした。
だから見た目の印象は違うけどキャラはあんな感じです。

原作だと年齢差も少ないからいい感じになるシーンもあるんですけどね。
リメイク版は親子ぐらいの差があるから、恋愛展開はないのかな?



実は熟女好きという展開を期待したいですが。笑
この2人の恋愛シーンはけっこう微笑ましいものがあったからな。

そして僕が1番楽しみにしていたのが森川葵さんなのですが・・・。
彼女は原作とは違ったキャラ設定っぽいから残念です。




原作通りの謎めいた恐ろしい雰囲気のあるキャラは、森川葵さんにピッタリだと期待していたんですけどねー。
なんかメンヘラっぽいキャラでしたね。
個人的にはこれが残念ポイントだった・・・。
→ 島崎楓(森川葵)の正体ネタバレ

ただ全体的にはリメイク版も良さそうですね!
日本のリメイクなりの良さが期待できそうな作品だと感じました。




原作が本当に面白い作品だったのでリメイクも良い作品になると期待したいですね!
サインは最終回がとにかく衝撃的でした! → 最終回のネタバレ

今後も楽しみなドラマなので注目したいですね!

スポンサードリンク