サイレントヴォイス2の2話の原作ネタバレ。共犯の存在は?

サイレント・ヴォイス2の2話のメインゲストは川平慈英さん。
音楽プロデューサー役ですね。

1話もそうだったけど、原作とは違うエピソードになるのかな?
まあでも、結末としては同じ展開っぽいからそちらの原作ネタバレを・・・。

次回予告を見ると境界性パーソナリティー障害とありますね。
たしかに原作でも精神障害が出てきましたが、そこを考えると難しくなるので置いておいて。笑

被害者は薬物中毒死で事件性がない可能性が高そう。(薬物の前科もあるし)
でもエンマ様がプロデューサーの岡本を取り調べたところ、岡本が死に関わっているであろうことがわかるわけですね。




でも岡本には完璧なアリバイがある。
だから共犯者がいる、いないの話をしているのだと思います。

ちなみに共犯者候補として元バンドメンバー松崎と妻がいますね。
共犯かどうかはともかく、事件に深くかかわっているのがサイレント・ヴォイスのパターンではありますが・・・。
原作ではこの2人は事件に関わっておらず。

岡本には遺体の見つかった現場に立ち入っていない鉄壁のアリバイがあったわけですが。
どうやって、そのアリバイが崩れたのかというと。
簡単に言うと、遺体が見つかった現場(遺体が倒れていたソファー)を別の場所から移動させていたというとんでもトリックです。
(岡本は普段から大道具の運搬をしていた)




まあ、とんでもトリックではありますが、このドラマのメインは取り調べの駆け引きですから。
あと原作では筒井刑事(宇梶剛士)が、事件性はないのではないかと感じ始めたエンマ様に事件である証拠を持ってきたくだりがありました。
犬猿の仲の2人ですが、筒井刑事が不器用にアシストしたのが良い感じでしたね。

話は前後しますが被害者は誰かに恐れていたことがわかり、元バンドメンバー松崎が疑わしい男になっていましたが。
人気ミュージシャンだった被害者の曲は、みんな松崎の盗作。
だから事務所の人たちも被害者に接触を試みていた松崎の存在は隠していた。




松崎自身は危害を加えるつもりはなく、また一緒に音楽をやりたい気持ちがあったようですが。
岡本のマインドコントロールによって被害者は松崎を恐れていたようですね。

スポンサードリンク