サイレントヴォイス2の3話の感想。小比類巻(杉田かおる)が落ちる

BSテレ東の土曜ドラマ「サイレント・ヴォイス2」の第3話を見ました。
今回のメインゲストは杉田かおるさん。
ウィッグを外して誰だかわかった人も多かったでしょうね。
ドラマの内容でもあったけど、髪型が印象的だと顔なんかまったく印象に残らないな。

娘ぐらい歳が離れているシオリちゃんも、小比類巻のまんまぐらいの印象だったもんな。

そういえば西野はシオリちゃんが好き設定だったようですが、東野はどうなんだろう?
予告されているゲストを見る限りだと、西野みたいに取り調べ中に谷間に興奮することはなさそうだな。笑
シオリちゃんの胸に興奮するパターンはどこかで入れてほしいわ。

原作だと小比類巻は男で、佐村河内氏を連想させる見た目のキャラでした。
で、樋口が女性キャラでしたが、男女に入れ替えたのは良かったかもしれませんね。
あまり実在の人を連想させるも、いらぬ批判を生みそうだし。




僕はもっと小比類巻の恋心を前面に出してくるかと思ったけど、そうでもなかったですね。
杉田かおるさんだから、そういう役も合うと思ったんですけど。

恋心は見え隠れしていたけど、樋口の嘘が判明したときにね。
もっとこう、女性として地に落ちる感じかと思ったけど、そうでもなかった。

それにしても小比類巻もあくまでも被疑者の参考人聴取なのに、ボロボロに言われて気の毒ではある。
本当の動機を教えられて辱めを受けて・・・。笑

捜査に非協力的ではあったわけですが、そりゃあ知人が怪しかったら余計なことをしゃべりたくはないもんな。
ましてや好きな子をかばうわけですから。
まあ、気持ちはわからないでもないけど、事が大きいので協力するべきではあるか・・・。




告発によりゴーストライターを認めたことも世間に広まったんだろうからなー。
作曲家としても終わり、気の毒なことになってしまった。

スポンサードリンク