ナインルームで悪役を演じたイ・ギョンヨン。
ラスボス的な立場だったわけですが、どことなく物足りなかった気が・・・。
最終回の結末、キャラ共にね。

まあ、キャラが物足りなく感じたのは、僕の中でイ・ギョンヨンにミスティのかっこいい上司のイメージが強いことも大きな理由な気はしていますが。
※ネタバレ表現あり

冤罪死刑囚チャン・ファサの事件で本当の犯人だったのが現CHCグループ会長のキ・サン。
事件の被害者と思われたチュ・ヨンベは、本当はキ・サン。
SHCグループのキ・サンは真犯人チュ・ヨンベが成り済ましていたという。
文字にするとなにがなんだかですが、ドラマで見るとそう複雑な話ではない・・・。

最終回が物足りなかったのは、意外と簡単にチュ・ヨンベの悪だくみを阻止できた。
そりゃあ、キム・ヒソンだから派手なアクションシーンで悪者をやっつけるみたいなのがないのは仕方がないけど。




縄で縛っていたのがまったく意味なかったのはなんなんだよ。笑
スマホの操作もできるし、1人で簡単にほどけるし。
あれなら、気絶させて監禁しているだけで良かったのに。

あと、結局チュ・ヨンベが法的にさばかれることがなかったのもね。
そこはもう時効だから仕方がないとはいえば仕方がないんですけど。
それにしてもファサの冤罪が晴れただけで、チュ・ヨンベが裁かれないのはすっきりしないところも。

かわいがっていたバカ息子は事故で寝たきり、その息子にお父さんと呼ばれることはなく、チュ・ヨンベと呼ばれるようになった。
チュ・ヨンベもすべてを失ったとはいえ、なんか物足りない気がしちゃうんですよね・・・。




なにより悪役として物足りないイメージが根付いたのが、ウルチ・ヘイとチャン・ファサの魂が入れ替わったときに、なにもなかったことですよ。
これはチュ・ヨンベのキャラどころかドラマ全体としてダメだったと思う。

あそこで中身ファサのヘイを追いつめるシーンが特になかったからなー。
正体に気が付かなくてもいいから、もっとヘイを追い詰めるべきだったよな。

ヘイが自分の正体を知っているであろうことに気が付いたのに、特になにもなかったから・・・。
あの序盤の動きのなさがドラマの印象を一気に物足りないものにしてしまった。
あそこで悪役としての動きがないと、チュ・ヨンベの印象も弱くなるよね。(だからミスティの良い人のイメージが残ったんだよ。笑)




魂が元に戻ってからはストーリーも動いて面白くなったんですけどね。
ちょっと遅いよね、と思う。
面白くなったのに、物足りないイメージが根付いちゃった。

ナインルームも好きなドラマではあるんですけどねー。
ですが好きなキム・ヒソンだからこそ、厳しく見ないとね。
いつも人気俳優というだけで口コミ評価が高くなる現象を小馬鹿にしているから。笑




イ・ギョンヨンに関してはミスティがかっこよかったからなー。
悪役でお馴染みの俳優さんとのことですが、僕の中ではいい人になっているから。
まあ、ナインルームは前半の動きが少なかったことがすべてだと思いますよ。
あそこ次第では十分に名作と評価されるドラマになったと思うけどな・・・。
熱演のキム・ヒソンとキム・ヘスクが宝の持ち腐れみたいになってしまった。

スポンサードリンク