先日00年の大ヒットドラマ「やまとなでしこ」の再放送が発表され話題になっていましたね。
やまとなでしこには韓国にもリメイクドラマがあります。

しかも主演は僕の好きなキム・ヒソンですから触れないわけにはいきません。
まあ、ドラマには特に触れることもないので、キム・ヒソンに触れるんですけど。

やまとなでしこのリメイク作「窈窕淑女」は03年に放送されたドラマですね。
03年というのはすでにキム・ヒソンは全盛期を終えています・・・。

90年代後半の全盛期には主演ドラマが3年間で視聴率30%超え8本(!)という、とてつもない人気を誇ったキム・ヒソン。
中国でも大人気であり国賓待遇で迎えられたという、韓国芸能界の天下を取った女優ですね。




それから2000年代に入り映画の出演を増やすも、これが失敗続きで・・・。
興行的には悪くなかったようですが酷評にあふれ、キム・ヒソンがいまでも映画をやらないのは当時の経験がトラウマだからとされています。

この投稿をInstagramで見る

⌛️

(@lovely.katie.k)がシェアした投稿 –

そんな中での03年「窈窕淑女」はキム・ヒソンにとって4年ぶりのドラマ復帰作。
当時史上最高の出演料でのカムバックとなったのですが最高視聴率は22.3%。
これは同年のSBSミニシリーズドラマでは2番目の高視聴率です。




そうは言っても、彼女に対するあまりに高い期待を思うと物足りない数字。
キム・ヒソンにとっては全盛期をとうに過ぎたことをまざまざと見せつけられたような恰好となり・・・。
さらに全盛期では言われなかった演技面での批判もささやかれるようになり。
彼女にとって窈窕淑女は黒歴史のような作品なのかもしれませんね。

ちなみにこちらがドラマのOST。

中西保志さんの「最後の雨」のリメイク曲ですね。

この投稿をInstagramで見る

Alice

(@lovely.katie.k)がシェアした投稿 –

またタイミングの悪いことに、00年前半にキム・ヒソンは写真家との間でヌード写真スキャンダルにも巻き込まれ裁判沙汰になっているんですよね。
被害者という立場ではあるのですが、女優としてのイメージに傷がついたのも事実。
このこともあり彼女は活動を減らして、長い長い低迷期に入っていったわけですな。

しかし、圧倒的な全盛期から20年近くたった17年の「品位のある彼女」で再浮上です。
このドラマは「SKYキャッスル」や「梨泰院クラス」と同じ枠で、いま1番勢いのあるドラマ枠ですね。
品位のある彼女もSKYキャッスルに抜かれるまで同局ドラマで最高視聴率を誇った名作です。

キム・ヒソンも低迷期に演技が磨かれ、この頃になると演技面での不評はなくなっていき。
さらに彼女の美貌は衰えず、スター性も失われていなかったためセレブ妻役もよく似合い。




ついに演技力がスター性に見合ったとの高評価。
第二の全盛期というには第一の全盛期が凄すぎて比較にはならないのですが。
それでも現在もトップ女優の1人として名前をあげられる存在に返り咲いたわけですね。

この投稿をInstagramで見る

love PUCCI #emiliopucci #pucciseoul @laudomia.pucci

(@lovely.katie.k)がシェアした投稿 –

僕が品位のある彼女を見たのは、韓国ドラマに興味を持った初期も初期。
日本でリメイクされたドラマの原作以外で初めて見た韓国ドラマが品位のある彼女です。
当時はキム・ヒソンがどんな女優か知らなかったけど、そこで惹かれたのもいま思えば彼女のスター性でしょうね。




やまとなでしこ、まったく関係なくなったな。笑
窈窕淑女の高視聴率はなんだかんだキム・ヒソンパワーもあったと思いますが、ドラマの評価自体は必ずしも良いものではないみたいですね。
キム・ヒソンにとっては失敗作だったことに変わりはなさそうです。

スポンサードリンク