BSテレ東の土曜ドラマ「W県警の悲劇」の第4話は一途な女。
優希美青さん演じる千春のエピソードです。


これがまた、原作を見たら意外なオチでしたね。
どうドラマ化するのか注目ですが、原作とは別の展開になるかな?
今回はそのネタバレです。

主な登場人物は鑑識課の千春と、ベテラン刑事の野尻。
千春は野尻が好きなんだけど、あることがきっかけで野尻とは壁が出来てしまった。
そのせいか、野尻は署内のランニングサークルもやめてしまい・・・。

そんな中、薬物犯のガサ入れで事件が発生。





隠したものを見つけるのが大得意な千春ですが、相手が拳銃を隠し持っていることに気が付かず。
それで野尻が撃たれてしまったと。

幸い対した怪我ではなかったけど、千春はそのことを悔いているようでした。
で、その拳銃は3Dプリンタで密造されているもので、今回はその密造犯のガサ入れのエピソードですね。

で、ガサ入れの方はブツが見つからず苦戦するも、千春が能力を発揮して隠し場所を発見。めでたしめでたしと、これまでのようなどんでん返しはなかったです。
ただガサ入れの途中から「おや?」という展開になっていて・・・。




なんと千春は警察犬というオチでした。笑
野尻との間に出来た壁というのは、野尻がアレルギーを発症してしまい犬に近づけなくなってしまったというものです。


ちなみに部屋からブツが見つからなかったのは、ドローンを使って部屋から出していたからというものでした。
しかしこれからの時代、悪い取引とかにもドローンを使われたら怖いですね・・・。

千春はこのドラマで唯一、苗字がないキャラだったのですが、そういう意味だったのか。
でもドラマだとどういう展開になるのかな?




優希美青さんは鑑識役じゃなくて、警察犬のパートナーというオチかもしれないし。
原作とは違って警察犬ではなく千春という人間に変えたエピソードかもしれないし。

実は警察犬というオチは難しそうなので、やっぱり人間としてのエピソードになるかな。
これはまた第4話も注目の展開になりそうですね!

スポンサードリンク