Huluで「dele (ディーリー)」の第2話を見ました。
今回は死の直前になって「データを消さないで」というメッセージを残した女性のエピソードでしたね。

View this post on Instagram

🦗

KOM(wednesday campanella)さん(@kom_i_jp)がシェアした投稿 –

今回の依頼者はコムアイさん演じる音楽家の女性。
死に関しては事件性がなく、突然死だったようですけど。
予定通りにデータを消すのか、それとも何かの意図がある「消さないで」というメッセージを尊重するのかという問題が発生したわけですね。



圭司(山田孝之)は頭が固いように見えるけど、言っていることは正しいですからね。
感情的には祐太郎(菅田将暉)の方が正しいように聞こえはするけど。
データの中身を知りたいという好奇心だと言われれば、それまでですからねー。

View this post on Instagram

💗 Photography by Sophie Isogai

Shizuka Ishibashiさん(@shizuka_isbs)がシェアした投稿 –

両親の反応、さらに生前の依頼者を知るガールズバーの人達の反応から、かなり闇が深そうな印象を受けましたが・・・。
ご両親とは絶縁状態。

逆にガールズバーの人達とは、かなり親密な関係だったようですね。
ご両親と依頼者の関係を知っていたからこそ、あんなに冷たい反応だったんでしょう。




そういえば、依頼者が自分の好きなバントのメンバーだと知ったときの、圭司の反応が良かったですね。笑
ずっとクールなキャラだったのに興奮していましたね。

ドラマで流れていた曲はこちらですね。
ドラマのサウンドトラックCDも販売されていて、こちらの曲も収録されているようです。

結局「データを見てもらいたいのではないか」という祐太郎の言葉もあり、データを見ることになったわけですけど。
内容はガールズバーの人達との生前葬の様子。

「両親に幸せな様子を伝えたかったのでは」と考えた祐太郎に対し、圭司は「俺が彼女の立場だったら復讐」と話しました。



復讐というのは
・あなたたちがいない方が幸せだった
・あなたたちのせいで私は楽しい人生を送れなかった
・もう、あたたたちを家族とは思っていない
とか、いろいろなメッセージが考えられますが。
まあ、実際に実の家族のことを忘れるような発言はされていましたからね・・・。

View this post on Instagram

8月3日(金)23:15から第二話。 #dele

山田菅田 deleさん(@yamadasuda)がシェアした投稿 –

ガールズバーの人達が「両親に合わせる顔がない」とか、葬儀には出席したくないような風のことを言っていましたもんね。
生前、両親への憎しみの言葉を聞いていた可能性もあります。

もちろん、死の直前になって「幸せな自分を見てもらいたい」という気持ちで、データを消すなというメッセージを残した可能性はありますけどね。




解釈はそれぞれあるわけですけど。
何にしても、依頼者が幸せな人生を送っていたことがわかったのは良かったですね。
なんか、本当に孤独なまま人生を終えたんじゃないかという雰囲気もありましたから。

しかし、このドラマを見て思ったけど菅田将暉さんって金田一一役が似合いそうですね。
ジャニーズしばりがなければ、彼が金田一をやっていたんじゃないかと思うぐらいです。
声質もアニメの声優さんと近そうだもんな・・・。



何にしても、2話も面白かったですね。
Huluはアニメ版の金田一も見られるので、金田一ファンもぜひチェックしてみてください!


-解約方法はアカウントページからクリックするだけなのでいつでも気軽に退会できます-
>>dele (ディーリー)の動画

※紹介している作品は、2018年1月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。