18年7月からテレ朝で放送されていたドラマの「dele (ディーリー)」。
こちらはデジタル遺品をテーマにした作品ですね。


いまの時代、誰でも死んだら消してしまいたいデジタルデータがあると思います。
すぐに思い浮かぶのはエロ系だと思いますが、日記系も恥ずかしくて消したいかもしれません。

View this post on Instagram

山田菅田、なんかやるみたいよ @takayukiyamadaphoto #山田菅田

山田菅田 deleさん(@yamadasuda)がシェアした投稿 –

主演となる山田孝之、菅田将暉はクライアントの死後に指定されたデータを消す仕事をしています。
で、本当に死んだのか確認に向かうと、問題に巻き込まれて謎を解き明かすためにデータが必要になる・・・。
という感じのストーリーですかね。




1話完結型のストーリーで、登場人物は毎回のゲストが数人。
あとは主演の2人以外に、会社の面倒を見ている山田孝之のお姉さん役である麻生久美子さんがいるだけです。
登場人物がそれだけ少ないということは、サブストーリー的なことがほとんどないわけです。

View this post on Instagram

山田菅田と麻生さん。 #dele

山田菅田 deleさん(@yamadasuda)がシェアした投稿 –

また、毎回の結末もスッキリするものは少なく、考えさせられる内容のものが多かったですね。
謎がはっきりと解き明かされないまま終わったこともありますが、そのモヤモヤ感がドラマの味なのかもしれません。




ちなみに僕が1番好きなのが第5話ですね。
第7話、最終話の展開も面白かったけど、第5話が1番印象に残っています。


ゲストの橋本愛さんが良かったというのもあるけど、凄く切ないエピソードでしたね。
いま第5話のラストを見直して鳥肌が立ってしまいましたよ。笑

View this post on Instagram

山田菅田と橋本さん #dele

山田菅田 deleさん(@yamadasuda)がシェアした投稿 –

ちなみに僕はHuluで見ました。
Huluは日テレ系列の会社が運営している動画配信サービスですが、他局のドラマでも公開されているものがありますね。
(リアルタイムの公開は日テレ系列だけだけど)




料金は月額約1000円の完全定額制のサービスです。
動画配信サービスは他にもあるのですが、月額料金の他に新作は別途ポイント課金が必要なサービスが多いです。
その点、Huluは新作でも月額料金だけで見放題なので利用がしやすいと思います。

View this post on Instagram

‪“dele” end‬

山田菅田 deleさん(@yamadasuda)がシェアした投稿 –

まあ、実際に使って見ないと合う、合わないはわからないと思いますが・・・。
僕はデザイン的にも見やすくて好きなサービスですね。




Huluは2週間の無料お試し期間があり、解約もアカウントページからクリックだけで簡単にできます。
ですから、ぜひ実際にHuluを使って見てください。
無料期間中の解約であれば料金もかからないのでリスクがなく使ってみることができます。



最初はどんな動画を見ることができるのかチェックするだけでも楽しいと思います。
ぜひ公式サイトを確認してみてください!


>>Hulu公式サイト「dele (ディーリー)」

※紹介している作品は、2018年2月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。