日テレの土曜ドラマ「35歳の少女」の第3話を見ました。
本当に過保護のカホコみたいになってきたな。

「こんなの初めて」状態だし、結人くんもハジメくんっぽいし。
キャラは微妙に違うけど、演技の感じとか似ているな。

・お母さんに感情移入できない

今回思うこととしてはお母さんに感情移入できないよな。
最後のシーンだってお母さんのことがよくわかんないから、感動も半減どころではない。
娘が目覚めた瞬間に、冷静に現状を説明したお母さんだからなw

お母さんの笑顔が消えた理由というのがイマイチわからない。
これからやっていくのかもしれませんが、3話の時点でもう少し深堀してもよかったと思うけどなー。

亀の人形に愚痴を言う回想シーンとか、絶対にあった方が良かったわ。
今回、望美から感謝の言葉を聞いたことで、お母さんは変わっていくのか・・・。




ここまで意外と周囲の人物が変わっていないですね。
心に問題を抱えている人ばかりだし、どんどん変わっていくのかと思った。

この投稿をInstagramで見る

え⁉️傷だらけのマナちゃん⁉️🙀 愚痴聞き代行の結人を呼び出し、 呑んで叫んで泣いて歌って木にぶつかって😂😂😂 ママもびっくりしちゃう🥺 こんなふうに酔っぱらったことある方は挙手🙋‍♀️🙋‍♂️ #どんなぶつかり方したの #でも結人に介抱してもらえるならラッキー #願わくばおんぶオプション付きで #マナちゃんの幸せを願うばかり #姉妹もそっくりだけど #こちらもそっくり母娘 #三十五歳の少女 #35歳の少女 #日テレ #10月31日第4話 #鈴木保奈美 #橋本愛

【公式】「35歳の少女」土曜よる10時(@shojo35)がシェアした投稿 –

・韓国ドラマとは違う1話完結の限界かな

今回僕はお母さんの過去を深堀した方がいいとは思ったけど、1話完結ではそこまで回らないんですよね。
お父さんの再婚先のエピソードや愛美のエピソードもあるし。
どうしても時間が足りない。




僕は韓国ドラマが好きですが、韓国ドラマの場合は基本的に週2放送です。(2日連続での放送)
そして1話が60分以上ある。
日本の場合は週1放送で、CMを抜いたら45分ぐらいかな。

日本のドラマが1話で起承転結するところを、韓国ドラマは2話使って起承転結させるイメージです。
しかも放送時間も長いから、日本ドラマで言えば実質3話分の時間を使って起承転結する感覚です。。
そりゃあ、キャラも深堀されるし、エピソードに深みも出ますよね。

一方で、韓国ドラマは時間が長いぶん、ストーリーがなかなか進まず退屈になるドラマも少なくはありません。
だから必ずしも韓国のドラマ編成が良いとは思いませんが・・・。(名作の質は高くなりますけどね)
その点、日本のドラマは確実にストーリーが進んでくわけですから良くも悪くも安定感はあるかもな。
でも物足りない部分は確実に出てくると思う。




そういえば愛美って結人をきちんと指名して、お金を払って愚痴を聞いてもらっているということで。
友達付き合いでもおかしくなさそうなのに、意外と律儀なところがあるんだな。
でも、なんだかそのうちホストにハマってしまいそうだぞ。

仕事で付き合っているのにお母さんに怒られる結人もかわいそう・・・。
過保護のカホコだな。

この投稿をInstagramで見る

ぶりっこでごめんなさい。そーゆう気分にもなっちゃうメイクだったの でもこの時のおよふくは…うふふ、あーたのしみ!早くみてもらいたいな。 あと、昨日「35歳の少女」3話見てくださって、ありがとうございました。 周りから、同期のサクラの百合ちゃんとほぼ同じやんて言われるけど、ほんとその通りで、性格も態度も内に抱えたものも似すぎてて、サクラの時も一緒だった助監督さんに百合さんって間違えて呼ばれても普通に振り向いてしまったし。笑 カルシウムではどうにもならない彼女の怒りや苛立ちは、全てその生い立ちによるものだから。 誰が見捨てても、私はずっと見守っててあげたいです。 愛美のこんなに近くにいるのは私だけだから。 早く、気づいて、早く、素直になれるといいね。 呪いを解いて、壊して。

橋本愛(@ai__hashimoto)がシェアした投稿 –

過保護のカホコは、カホコが中心のエピソードだったから良かったんだよな。
35歳の少女は家族それぞれにエピソードがあるから、時間が足りない印象になっちゃう。
やっぱり1話完結は演出が難しいところもあると思いますよ。




でも、35歳の少女は同期のサクラよりは好きなドラマですね。
文句をいいつつ、嫌な感じはしないのでこれからも見続けます。

スポンサードリンク