金田一少年の殺人(アニメ)の感想。娘のために大量殺人を犯してしまう

金田一少年の事件簿の「金田一少年の殺人」のアニメ版を見ました。
原作では佐木弟の初登場回ですが、アニメでは兄が死んでいないので兄がそのまま登場。
その他ところどころ違うところがあるけど、基本的には原作通りですね。

今回は金田一が犯人として疑われるという流れですが。
まあ、実際に犯人だと疑われても仕方のない状況ですからね。




そもそもいくら金田一が橘を怒らせたと言っても、ビジネスが絡んでいるんだから子供1人に謝らせに行くなよ。笑
橘は鴨下が連れてきたことも知っていたんだし、鴨下も一緒に謝りに行けよな・・・。
鴨下が一緒であれば金田一が疑われることも、連続殺人が行われることもなかったのに。

しかし不幸中の幸いと言っていいのか、瑞穂ちゃんは助かったわけですからね。
そのために5人も死んでしまいましたが。




娘のためにとは言うけど、自分が罪を認めていればね・・・。
それで娘の大病も公になることだし、なにか助かるきっかけにはなるかもしれない。
改めて数えると5人も死んでいるんだもんな。
そこまでのイメージはなかったわ。


>>U-NEXT公式サイト「金田一少年の事件簿」

※本ページの情報は20年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。