結婚契約のウンソンがかわいい!本物の天才子役シン・リナの演技

日本でも良い口コミにあふれる「結婚契約」ですが。
結婚契約の満足度を上げているのは子役のシン・リナちゃんの功績も大きいと思われます。
主人公カン・ヘス(ユイ)の娘ウンソンこそ、実質的な主人公、影のヒロインとも言えます。


僕が結婚契約を見てみようと思った理由の1つがシン・リナちゃんの評判が良かったことです。
子役が良いドラマは満足度が上がるというのが持論です。

シン・リナちゃんは演技も自然で上手なんですよねー。
全然、子役子役していなくて。
やはり子役が良いドラマは満足度が上がりますね!

ジフンがヘスに惹かれていったのも、結局はウンソンに情が沸いたというのが大きいと思うな。
ジフンとウンソンは犬猿の仲だったのに急に仲が良くなったからな。笑

まあ、ウンソンは意地を張っていた面もあるんでしょうが、子供嫌いというジフンまで心を開いたからびっくりです。

ずっとジフンを嫌っていたウンソンが「パパみたいにいなくならないで」「ずっとママと一緒にいないとダメだよ」って。
こんなこと言われたらね・・・。
偽装結婚を考えている身としては、心が苦しかったでしょう。

夜の公園でかくれんぼなんかするなよと。笑
心配させてからのウンソンの登場、本当にかわいいわ。

ジフンとヘスが保育園に迎えに行ったとき、ママじゃなくてパパを呼んでいたのも良かったな。

ウンソンがなつく様子を見て、おばあちゃんもジフンを認めることに。

このおばあちゃんも(死んだ父の母)も最初は印象の良いキャラではなかったけど。
ウンソンのお陰でヘスにも心を開くようになったんだよな。
どんどん人間関係を円滑にしていく姿は、まさに影の主人公です。

そして、なんといってもジフンの母親の心を開いたのがね。
ウンソンとお母さんを2人きりにさせておいたらマズいだろと思っていたら・・・。
(しかも日が暮れるまで。)

めっちゃ心をつかんでいたのがね。笑
病気で苦しんでいるお母さん相手にウンソンすげーわ。
これはお気に入りのシーンです。

ウンソンがかわいいから、みんなを笑顔にしていく姿に違和感がないんですよね。

このあとのヘスがジフンの手を離さなかったのも名シーン。

ウンソンは本当にかわいかったなー。
シン・リナちゃんじゃなかったら、結婚契約の満足度も下がっていたかもしれん。

ジフンの元恋人役キム・ユリとは1年前に「愛するウンドン」で共演。

自分がいなくなったときのことを考えてウンソンを教育するヘス。

結婚すると言っていたのに嘘をついたママとおじさんにお怒りのウンソン。

当時のシン・リナちゃんは7歳ですか。
本当に演技がうまかったなー。




マザー(芦田愛菜ちゃんの出世作のリメイク)のホ・ユルといい、シン・リナといい、これぞ天才子役だな。
日本だと連ドラのレギュラー=天才子役という紹介をされたりするけど。
シン・リナとホ・ユルは本当にすごいわ。

結婚契約はおすすめのドラマです。
ウンソンの存在が本当に大きい。
U-NEXTで見放題作品になっているので、ぜひチェックしてみてください。




他にもシン・リナが出演している「リターン」とか「被告人」なんかもありますね。
こちらは動画レンタルなのでポイント課金が必要ですが。
U-NEXTからは韓国ドラマがたくさん見られるのでぜひ!


-無料期間中でも設定・サポートページからクリックだけで簡単に解約ができます-
>>U-NEXT公式サイト「結婚契約」

※本ページの情報は19年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。