パク・ホサン(私のおじさんサンフン)最終回がかっこいい!

マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜」で主人公ドンフンの兄サンフンを演じたパク・ホサン。
彼は僕が同時期に見ていた「悪い刑事」では汚職刑事役。
最後はかっこいいとこを見せそうな雰囲気だったけど、そんなことはなかったキャラでした。

私のおじさんでは、しがないおじさんでしたがラストがかっこよかったですね!
※ネタバレ表現あり

奥さんには愛想をつかされて別居状態。
それでもいつも笑顔で弟想いの優しいキャラでしたね。

サンフン最大のハイライトといえば最終回です。
ジアンのおばあちゃんの葬儀で、へそくりを使って地元の友達全員分の供花を送るというね。

最終回でサンフンがいいところを全部持っていって大丈夫なのかというぐらい素敵でした。
あれはおばあちゃんも安心して逝けたでしょう。

サンフンは故人とは会ったこともないし、遺族であるジアンともたいした付き合いがあるわけでもない。
自分の地元に住んでいる、ドンフンの部下ってだけですからね。
いくら自分の弟を慕ってくれていて、ドンフンにとってもかわいい部下とはいえ、あんなことはできないぞ。

へそくりを使って一文無しになったわけだし。

てか、サンフンへそくりがいっぱいあったんだな。笑
韓国で供花がどれくらいするのか知らないけど、日本価格だったら10万円は軽く超えている。
しかも高級車のレンタルはあきらめたようですが、ブランドもののサングラスを3人分買っていたし。
それだけのお金を短期間で貯めたということかな・・・。




そんなにへそくり貯め込んでいるのに、奥さんに逃げられるなよ。笑
まあでも、最後は奥さんとの仲も修復されたようですからね。
奥さんからしたら他人の葬式にお金を使うよりは、生活費を渡してほしいよね。
それにしても戻ってきて何よりだ。

あと印象に残っているのはユニへの電話か。
ユニも電話に出るの怖かっただろうけど、あんなこと言われてどんな気持ちだったのか。
まさか謝られるとは思わないもんな。

ちなみにパク・ホサンは私のおじさんの前々作になる「刑務所のルールブック」に出演して知名度をあげた俳優のようですね。
そして、私のおじさんの前作であるマザーにも特別出演。

私のおじさんでは元々オ・ダルスという俳優さんがサンフンをやる予定だったみたいですが。
性犯罪疑惑で降板、パク・ホサンがやることになったみたいですね。

引き続き話題作に出演することになり、しかも好感度の高い役。
これは出演作に恵まれましたね。

最初の方は情けない長男みたいな感じだったけど、最後は本当にかっこよかった。
お母さんの葬式を豪華にする夢は大丈夫なのかな?笑

まあ、お母さんもまだまだ元気だしな。
サンフンもあれだけへそくりを貯めることができる男なんだから、なんとかなるでしょう。

スポンサードリンク